• ライントレードシステム使い方
  • HOME
  • ライントレードシステム使い方

「LineTradeSystem」とは

「Line Trade System」は、チャート上にラインを引いて損切りや利確を設定することで、エントリーから決済までを自動で行ってくれるMT4上で使えるツールです。

特徴1:初心者でも勝てる手法、ライントレードを採用

世界で多くの人が参考にしているライントレード。そのライントレードを、FXトレードに精通したプロトレーダーの手によってシステム化しました。
自身の戦略のもと、引いたラインに名前を付けるだけの簡単設定で、エントリーから決済までを自動で行ってくれます。
裁量トレードと、自動売買ソフトのいいとこどりができます!

特徴2:兼業トレーダーにもピッタリの半自動ツール

半自動ツールになりますので、チャートに張り付く必要がなく、本業がある方や、子育てなどでお忙しい方でもお使いいただけます。
チャート画面を見ていなくても自分が引いたトレンドラインから(ブレイク、反発)のエントリーが可能。利確、損切りなども設定に基づいてシステムが決済を自動で行います。

特徴3:戦略をつかむ、バックテスト機能

自分の戦略に自信がない方は、バックテストで自分の戦略の力試しができます。
FXで勝っていくには、優位性のあるポイントでエントリーすることが大切になってきます。「Line Trade System」には、バックテスト機能がついてきますので、何度も繰り返して自分の戦略を確立していきましょう。

特徴4:LINEでいつでも質問ができる

トレーダー佐藤が開発したものなので、使用中に分からないことができたら、いつでもLINEグループにて質問して頂けます。

「Line Trade System」の機能

「Line Trade System」が保有する機能

  • 戦略を 3 つまで選択できる
  • 戦略ごとに、ラインブレイク(順張り)・ライン反発(逆張り)を選択できる
  • 戦略ごとに、ブレイクの瞬間・ブレイク確定を選択できる
  • Buy / Sellは、ライン名称により判断
  • Buy / Sell や TP / SL を判定するライン名の接頭語はパラメータにより設定可能
  • ライン名称の変更とともにラインの色や線種別を変更可能
    <デフォルト値>(戦略 1 の例) Buy エントリー ⇒ B1 Sell エントリー ⇒  S1 SL ⇒ ST1 TP ⇒ L1
  • エントリー時に固定で SL,TP を設定できるようにする
  • トレイリング・ストップ機能を保有する
  • トレイリング・ストップに関しては、実行回数を指定できるようにする
  • 決済後は関連ラインを削除する
     

パラメータ説明

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は linetradesystem_setting-1024x588.png です
実際の設定画面
パラメータ名 説明
Lots ロット数
LimitPosition 最大保有ポジション数
TradeType 順張り・逆張り(1:順張り(ラインブレイク)2:逆張り(ライン反発))
TradeTiming トレードタイミング(1:瞬間 2:確定)
StopLoss ストップロス値(pips)(0の場合は設定しない)
TakeProfit 利益確定値(pips)(0の場合は設定しない)
TrailingStop トレーリングストップ幅(pips) (0 の場合には設定なし)
TrailingBand トレーリングストップを発動する値幅(pips)
TrailingTimes トレーリングストップを実行する回数
MAGIC マジックナンバー
EntryComment エントリーコメント(ポジション中に表示するコメント)
Spread 許容スプレッド
Sllipage 許容スリッページ
LineName_BuyEntry ライン名接頭語(Buy エントリー)
LineName_SellEntry ライン名接頭語(Sell エントリー)
LineName_SL ライン名接頭語(SL)
LineName_TP ライン名接頭語(TP)

Line Trade Systemは、パラメーターの中であらかじめTP(利益確定)、SL(ストップロス値)を設定することも可能ですが、ラインを引いてそのラインに名前つけることにより、引いたラインでの決済が出来ます。
各種ラインは形状が変わりますので、見た目でどのラインがどの役割をするのかがわかります。

注文画面

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は linetradesystem_buy_1-1024x577.png です

Line Trade Systemでは指定した名前の注文ラインをチャートに描くことからトレードをスタートさせます。
まず、エントリーしたい値やタイミングを決めます。狙いが絞れましたら、水平線またはトレンドラインを引き、引いたラインに名前を入力し設定します。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は linetradesystem_buy_2-1024x571.png です

1つの通貨ペアで3つの戦略を持つことも可能です。ラインを決めて名前をつけて頂けたら、急な来客にも対応できますし、仕事でチャートが見れなくても、エントリーチャンスを見逃しません。
 

「LineTradeSystem」を無料配布

「LineTradeSystem」はいかがでしたでしょうか。

この、トレーダーの「欲しい!」が詰まった最強ツールを、今ならお試し版を無料で手に入れてもらえます。是非このチャンスに「LineTradeSystem」をお試しください!

無料お試し版はこちら