FXで勝つ=勝率を上げることではない!

スマホ1つあればFX取引が手軽にできるようになり、FXの認知度も向上し、FX取引を始められた方も多いのではないでしょうか。

様々なサイトやFX経験者から「FXで負けた」や、「FXで勝てない」といったことを見たり聞いたりしたことがあると思います。実際に、FXの参加者のうち1年間プラス収支の割合は約3割~4割程度。更に5年間連続でプラス収支の割合は1割程度と言われています。

しかし、全体では1割勝っているという数値も出ています。全員が負けているわけではないFX取引。いざFX取引をしていくと「FXで勝つ」という目的を見失っている方が多い気がします。

そこで、今回は「FXで勝つ=勝率を上げることではない」ということについて解説していきます。

FX取引は4勝6敗でも資金は”+”になるトレードを目指す

FX取引は4勝6敗でも資金は”+”になるトレードを目指す

FX取引は上がるか、下がるかを予測しその確率は50%(2分の1)です。

しかし、実際に取引をすると予測が当たることは50%以下になることも少なくありません。そこで、4勝6敗でも資金を”+”にするトレードが大切なのです。

もちろん勝率を上げ資金を”+”に出来るのであればそれに越したことはないのですが、相場は思い通りにならないことが多くあるので勝率が低くても資金を増やす取引をするべきです。

みなさんのFX取引をする目的は資金を増やすことだと思いますが、中には勝率を上げることに必死になってしまい目的が資金を増やすことから、勝率を上げることに変わっている方がいるように思います。この状態だと、資金は一向に増加しないことになりかねないので資金を増やすことを目的とすべきです。

明確なエントリーポイント

明確なエントリーポイント

では、明確なエントリーとは?

自分でトレードした時のエントリーポイントに“根拠”を持つことです。なぜここで「買い」なのか、なぜここで「売り」なのかという問いに対してはっきりと答えることができるようになりましょう。

仮に皆さんのお金を私が運用をするとしたときに「なんとなく上がりそうだからここで買いだな…」というような運用方法だったらみなさんはどうでしょうか?いい加減だと思われると思います。ご自身でトレードされる場合も同じで、大切なお金をなんとなくエントリーして、いい加減に無くすことになるのです。

さらに“根拠”を持つことで自分の予測したチャートの動きと逆の動きをしたときの対応が早くなります!

損切り

次に、損切りとは?ポジションを反対売買によって決済し損失を確定する事を言います。

そこで何を言いたいかというと、前記で説明した明確なエントリーポイントを持った時に、損切りポイントも同時に持つということをしてほしいのです明確なエントリーポイントを持ったとしても自分の予測していた動きと異なることはよくあります。その時に自分の傷を抑えることが重要です!傷を抑えることで次に繋がります。

損切りをしっかりとすることで資金が全て無くならずに次のトレードができるのです。自分の予測通りに動くのを待つためにも資金を残して次に繋げるのが大切です。

利確

利確

利確とは、利益確定のことです。

明確なエントリーポイントを持ったら損切りポイントを持ってほしいとお伝えしましたが、さらに同時に利確ポイントを持つことをしてほしいのです。人はどうしても損失や、利益が出ているときは良い方に考えてしまう生き物です。損が出ているときはそのうち回復するだろう、利益が出ているときはもっと増えるだろう、、と良いように考えてしまいがちです。

もちろんそうなることもありますが、そうならないことが起こった時のダメージはとても大きなものになります。さらに、そういう時はチャートから目が離せなくなりストレスがかかります。そうなると冷静な判断ができなくなるので、最初に決めた明確な利確ポイントをしっかりと守ることが大切です。

資金管理

資金管理

資金管理とは、自分の資金量に合わせたトレード方法や、トレード金額をしっかりと考えてトレードすることです。

自分の資金量に合わせたトレード方法とは、
先ほど4勝6敗ということをお伝えしましたが、仮に10回のトレードをするとした時に、資金が10万円口座を使用した場合、1回目の取引の損切り幅が▲10pipsだとすると1ロットを張り損失は1万円、2回目の取引の損切り幅が▲20pipsだとすると、0.5ロットを張り損失は1万円というように損切り幅に応じてロット数を決めることで自分の資金量に合わせたトレードとトレード金額が決められます。

また、絶対にやってほしくない事としては、

  • 強制ロスカットを避けるために追加入金
  • 使用してはいけないお金を使用してまでトレード

まとめ

まとめ

FX取引をする目的は「資金を増やす」ことだと思います。そこで上記に書いてきた、明確なエントリーポイント、損切り、利確、資金管理を徹底することで例え4勝6敗のように負け越すことがあったとしても資金を増やすことが出来ます。一度損失が発生したとしてもこのルールを守ることで熱くならずにいつも通りのトレードが出来ると思います。

やはり、負ける人の特徴としてギャンブルトレードをしたり、熱くなってトレードしたり、適当トレードをしたりする人が多い気がします。皆さんはこういうトレードをしてないですよね?

いつかわかりやすい取引が出来るチャンスが来ます、その時に取引する資金がないということが本当に悔しいことなのでそうならないようにしっかりと上記で説明したことを守りましょう。そうすることで皆さんの資金は増加していく可能性が高くなります。

関連記事一覧