LineTradeSystemを使ったバックテスト結果

「LineTradeSystem」を使ったバックテスト|ハーモニックパターン「バット」USDJPY5分足検証

ライントレーダー向けツール「LineTradeSystem」を使ったバックテスト結果

本日は、自社で開発したライントレーダー向けツール、「Line Trade System」を使用したバックテスト結果(12月10日)をお伝えします。

取引条件

今回バックテストに使用した通貨ペアは、USDJPY5分足。
期間は去年の今頃のである、2018年12月10日~2018年12月17日までの10回のエントリーとする。
手法は、ハーモニックパターン出現時に取引。損切り近くの優位性のあるポイントでのエントリーのみ、利確についてはそれぞれの取引に応じて設定しました。

画像はハーモニックのサイファーのC点からD点狙い。

バックテスト結果

勝率4勝6敗、トータル損益+53,429円。今回はハーモニックパターン出現時に取引。勝率は決して高くはなかったのですが、トータルプラスで終えることが出来ました。
昨年のUSDJPY同期間でトレード。「バット」と「サイファー」のトレードがよく決まったと感じています。同じ時期の同じ期間なら、もしかしたら同じようなチャートパターンが出てくるかもしれないので、今週のトレードを「バット」「サイファー」を見つけたら積極的にトレードしてもいいのではないかと感じています。
「Line Trade System」を使ってハーモニック出現時、仕込みたいと思います。

 
※ブログ本文中で使用している「Line Trade System」ライントレーダー向けツールは、1月頃発売予定です。ソフトに関しての質問、お問い合わせは受け付けておりますので、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

関連記事一覧