LineTradeSystemを使ったバックテスト結果

「LineTradeSystem」を使ったバックテスト|ハーモニックパターン「バット」GBPJPY1分足検証

ライントレーダー向けツール「LineTradeSystem」を使ったバックテスト結果

本日は、自社で開発したライントレーダー向けツール、「Line Trade System」を使用したバックテスト結果(11月29日)をお伝えします。

取引条件

今回バックテストに使用した通貨ペアは、GBPJPY1分足で1ロットしばり。
ハーモニックパターン「バット」発生時にエントリー。1分足でスキャルピングトレード検証。

上記図のようにバットの形からの売買(上記図は売り)損切りはX点、利確は今回XAのフィボ当て78.6%の価格とした。
売りパターン
買いパターン

バックテスト結果

 
5勝5敗。トータル損益+63,115円でした。
1分足スキャルピングトレードをGBPJPY1分足で検証してみて、やはりハーモニックパターンは、どの時間足でも当てはまるチャートパターンだと感じました。
しかし、普段はいくつかの時間足をみてトレードしているので1分足のみを使用してトレード難しく感じました。
 
1分足トレードをしてみると、「Line Trade System」のスプレッド計算が不要だという点が非常に楽でした。ラインに名前を設定し、あとは任意のポイントにラインを引くだけでいいところは初心者の方でも使いやすいかなと思います。

 
今後とも様々な検証していきますのでお楽しみに。

 
※ブログ本文中で使用している「Line Trade System」ライントレーダー向けツールは、1月頃発売予定です。ソフトに関しての質問、お問い合わせは受け付けておりますので、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

関連記事一覧