LineTradeSystemを使ったバックテスト結果

「LineTradeSystem」を使ったバックテスト|ハーモニックパターン「サイファー」EURUSD15分足検証

ライントレーダー向けツール「LineTradeSystem」を使ったバックテスト結果

本日は、自社で開発したライントレーダー向けツール、「Line Trade System」を使用したバックテスト結果(11月28日)をお伝えします。

取引条件

今回バックテストに使用した通貨ペアは、EURUSD15分足。
ハーモニックパターンの「サイファー」の形になりそうなところで、C点からのエントリーをしD点利確を狙った取引及び、C点からD点での利確後、反転を狙いエントリー。

買いパターン
売りパターン


本来はD点からの売買ですが、上図の通り、C点からD点まで狙えるのであれば利確のポイントが明確になるのではという考えの元、【C点からのエントリー】と、本来のトレード地点である【D点からのエントリー】を「Line Trade System」を使用し過去のチャート(2018年12月1日~2019年2月15日)から検証。

「MoneyHunt」流での利確ポイントは、この画像の場合X点からC点フィボ当て38.2%戻し及びネックライン

バックテスト結果

上記画像のようにC点到達後、XAに対して161.8%の少し上を損切りとし、161.8%を超えずに(割らずに)下落(上昇)確認後、トレンドライン抜けからエントリー。利確はサイファーのD点。
さらに、サイファーの通常取引のD点からの売買。利確をネックライン、損切りをXとする取引を検証。
 
勝率40% トータル損益+28,902円。
検証後の感想としては、サイファーのC点からD点を狙うと大きくとれる可能性があり、より優位的なポイントでエントリーが出来るとより大きく利益を伸ばせると感じました。また、検証期間で161.8%を超えずに(割らずに)下落(上昇)した場合、含み益となることが多かったので、負けないようにストップを置くこともいい手かと感じました。
今後とも様々なバックテストを「Line Trade System」を使って検証していきたいと思いますのでお楽しみに。

 
※ブログ本文中で使用している「Line Trade System」ライントレーダー向けツールは、1月頃発売予定です。ソフトに関しての質問、お問い合わせは受け付けておりますので、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

関連記事一覧