知っておきたいお金の知識

医療保険は本当に必要なのか、知っておきたいお金の知識

配当金とは

配当金とは

配当金と聞くと、みなさんは何を思い浮かべますか?

多くの方が、株を買った会社から受け取れる【株主配当金】を思い浮かべるのではないでしょうか。実は、それだけではなく、より身近にあるものも実は配当金であったりします。

例えば、宝くじ。宝くじも配当金にあたります。宝くじを購入し、当選した方には配当として当選金を受け取ることができるという仕組みです。ただし、すべての購入者が当選しているわけではないので、残りのお金は全国の都道府県の公共事業などに使われています。

宝くじだけでなく、競馬や保険なども配当に当たります。では、その配当率というのはどれくらいなのでしょうか。調べてみました。

宝くじ

配当率45% 残り55%は、公共事業など

競馬

配当率75% 残り25%は、JRA日本中央競馬会

保険(健康保険等)

配当率20% 残り80%は、保険会社

この3つを見てみると、保険金の配当率がとても低いことが分かります。

いかに保険を使用しない人が多いのか、使用方法(契約内容)を知らないのか、そもそも保険の配当が少ないのかはわかりませんが、低い配当率となっていました。

私は医療保険に加入していますが、大きなけがや病気になったことがなく、一度も保険の配当を利用したことがありません。この場合は、高い保険料を支払っているのに配当率は0%ということです。

まとめ

まとめ

保険の配当率がすごく低いことを知らずに、自分に不必要な保険料まで支払ってる方も多いのではないかと思い、今回は身近な配当の話をしました。

ただ、保険が必要ない、などという話ではなく、自分の抱えている経済状況や、体質や遺伝など、人それぞれに合う必要な保険を理解して上手く利用していくことが大切だと思います。
 
また、余計な保険に入らずとも、自分にある程度の資金があれば、安心して過ごしていけると思います。安心できる資産を増やしていけるように、FXを始めるのも良いかもしれません。

 

関連記事一覧