FX口座を複数持つことのメリットとは

FX口座を複数持つことのメリットとは

複数口座を開設するメリットとは

複数口座を開設するメリット

FXで取引をするためには、FX業者で口座を開設する必要があります。

FX業者によって、それぞれ強みや弱みがあります。スプレッドが小さいところもあれば、スワップポイントを売りにしているところもあります。自分に合ったFX業者を見つけて、一つに絞って利用するのも良いですが、複数持って使い分けるというやり方もできます。

この記事では、複数口座を持つことのメリットを紹介します。

リスク分散ができる

FXの取引でどれだけ利益を出せていても、口座を開設しているFX業者が倒産してしまうなどの事態が起きる可能性もあります。

もちろん、信託保全や分別管理など、倒産しても顧客の資金を失わないような体制にしているFX業者が多いですが、実際に倒産してみないと保証されるかどうかは分かりません。

また、世界経済に影響を及ぼす事態が発生すると、トレーダーの注文が殺到してしまい、サーバーダウンする可能性もあります。そうなると、せっかくのタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。

このような事態がもし起こってしまった時のことを考えると、資金を一つにまとめずに、複数の口座を開設しておくことでリスクを分散できると考えられます。

キャンペーンなどを使い分ける

海外FX業者などは、豪華なボーナスが魅力的です。

200%キャッシュバックのボーナスなどは、定期的に行われています。しかし、期間が限定されていたり、その期間に入金が厳しい場合もあるかと思います。しかし、複数の口座を持っていれば、様々なキャンペーンの情報が入ってくるので、その分チャンスが多くなります。

手法によって口座を使い分ける

1つの口座で、スキャルピングやスイングトレードを同時に行うと、間違えて注文してしまったり、決済してしまう可能性があります。その場合、せっかく戦略を持ってポジションを保有していたのに、無駄になってしまいます。

そのため、1つのスキャルピングとスイングトレードの注文を入れるよりも、スキャルピングとスイングトレード用の専用口座をそれぞれ開設して使い分ける方が管理しやすくなります。

また、長期運用をする場合には、スワップポイントが多かったり、ロスカットの水準が低いFX業者を選ぶなど、手法と相性の良い口座を使用するのも賢い手です。

まとめ

まとめ

FX業者は、それぞれ強みとなるものを持っています。やみくもに複数の口座を持つのではなく、しっかりと目的をもって、メリットを活かすことが大切です。

何に関しても、下調べをしっかりとすることが大切です。色々な口座を見比べて、今自分に必要な口座だったり、手法に合う口座を調べてみましょう。

私の愛用口座に関しては下記の記事でお伝えしていますので、是非ご覧ください。

関連記事一覧