FXは副業なのか、会社員が注意する点とは

「FXに興味があるけど、副業になるの?」
「会社でFXをやっていることを知られたくない」

など、FXを始めるにあたって、気になることがある方もいるのではないでしょうか。今回は、会社員がFXを始めるにあたって、知っておくべきことや注意点などをお話ししていきます。

FXは副業?

会社員の方がFXを始める際、気になるところはこの部分ではないでしょうか。

FXを含む、株式投資や不動産投資は、「副業」ではなく「投資」に該当するというのが一般的な認識となります。そのため、就業規則等でとがめられる可能性は低いといえます。会社員の方がFXを始めることに関しては、問題はないでしょう。

株式投資や不動産投資は、初期投資に大きな費用が掛かってくることが多いですが、FXの場合は数千~数万の資金から気軽に始めることができます。また、平日であれば24時間、ネット環境さえあればどの場所からでも取引を行うこともできるため、会社員にとってFX投資は身近に感じられる投資であるといえます。

副業でFXを始める際の注意点

では、FXを副業で始める際の注意点としては、何が挙げられるでしょうか。

損をする場合がある

FXはあくまで「投資」又は「投機」なので、チャートの値動きが予想と異なると、損失を生みます。また、FX取引をするなら、レバレッジなどを効かせている場合がほとんどなので、初心者の場合は1回のトレードで投資金を失ってしまうこともあるかもしれません。

そのためにも、リスク管理や資金管理をしっかりと身につける必要があります。リアルトレードに入る前に、デモトレードなどで身につけることで大きな損失を防ぐことも可能です。

勉強の時間が必要である

FXはギャンブル性も高いですが、利益を出し続けるにはしっかりと自分の戦略を持つことが大切です。その戦略を持つためには、FXに関する基礎知識や、様々な手法を勉強していく必要があります。

手法などを勉強していくことは簡単ですが、それに加えて、自分の得意な通貨や手法、勝ちパターンなどを落とし込んでいくことがFXで利益を出し続けるために重要なこととなります。それに付随して時間も掛かってきますので、利益を出すまでに時間がかかる可能性もあります。

24時間チャートが動き続けている

これは、会社員トレーダーにとってメリットの1つでもありますが、FXのチャートは平日であれば24時間常に変動しています。

ポジションを持ちながら、忘れて放置してしまう、寝落ちしてしまうと、夜中に急変動があった場合に、大きな損失が出てしまうということが起こる可能性があります。SL(ストップロス:損切り)やTP(テイクプロフィット:利益確定)を設定しておき、そのようなことが起こらないように注意しましょう。

副業でFXを始める際の税金

FXでは、ある一定の利益が出せるようになると、確定申告や税金にも関わってきます。個人事業主や主婦、会社員などの違いで税金や確定申告の条件も変わってきますので、注意が必要です。

FX所得の種類

FXで利益を出した場合の所得は、「雑所得」に当たります。

「雑所得」では、経費が認められていますので、以下のようにFX取引にかかる経費を利益から差引き、税金対策をすることも可能です。

  • FX取引をするために使用しているネット費用
  • FX取引に使用しているサービス費用
  • FX取引の勉強をするために購入した書籍費用

などが、FX取引に関する経費にあたる可能性があります。明確な規定はないため、実際に経費として計上できるかどうかは、各税務署に問い合わせてみましょう。そして、これらの必要経費を利益から差し引いたものがFXでの所得となり、税金が関わってくる部分となります。

FX所得の税金

FXの所得では、国内FXを使用して得た利益か、海外FXを使用して得た利益かによって、かかる税金の種類と税率が変わってきます。国内FXでは、申告分離課税という一律20%の税金、海外FXでは、総合課税という税率が利益によって変動する税金になります。

FX所得の確定申告

FXの所得があると言っても、確定申告が必要となってくる場合とそうでない場合があります。確定申告が必要とされる条件としては、

  • 給与の年間所得金額が2,000万円を超える人
  • 被扶養者で、年間所得金額が38万円を超える人
  • 給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
  • 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

※引用:国税庁HP(https://www.nta.go.jp/)

となります。確定申告については、下記の記事で少し詳しく解説しています。

FXのXMパートナーとしての副業

FXを副業にするのは、自分でトレードを行うだけでなく、FXのIB収入で稼ぐ方法もあります。今回は、XMのIB収入について解説していきます。

IB収入とは、いわゆるFXのアフィリエイトとなります。IBとは、「Introducing Broker」の略で、そのFX会社を宣伝・紹介し、顧客がトレードをすることで報酬を得られることを指します。

国内FXのアフィリエイトだと、新規顧客の口座開設1回で〇〇円などの報酬があたる仕組みであるのに対し、XMのアフィリエイトは顧客がトレードを続けている限り報酬が発生し続ける仕組みになっています。これは、自分が動いていない・働いていない時間でも報酬が発生しているという状況ができますので、一度取り組んでしまえば貴重な収入源となります。

XMのパートナーになるにはこちらから

FXでトレードを行うと、投資金を失う可能性がありますが、XMパートナーでの副業であれば、無料で始められる上に損失が出ることはありません。

しかし、FXをまだ経験したことのない方や、経験したことはあるけど初心者であるという方、顧客の集め方が分からないという方も多いかと思います。そのような方のために、IB副業のためのガイドなどもありますので、是非活用していただけたらと思います。

IB副業ガイドはこちらから

 

関連記事一覧