FX実践日記 ドル円の振り返りと次週予想21

皆さんこんにちは。12月も残すところ約2週間となりました。今年をいいように締めくくれるように過ごしていこうと思います。
新型コロナウイルスが猛威を振るっているので、静かな年末年始になるのかなと思いますね。為替がどのように動くのか注目です。

さて、今週もしっかりと振り返りと次週からの予想を立てていきましょう。

ドル円振り返り(2020年12月14日~12月18日)

通貨ペア:ドル円
期間12月14日~11月18日

安値約102.87銭
高値約104.14銭
ボラリティ約127pips

先週のゆったりとした動きから、今週は大きく下落を迎えましたね。今年の3月につけた101円の価格に近づいてきましたね。このまま安値を更新し続ける可能性も見えてきました。

チャートパターンでの振り返り

大きな下落を迎えN計算値を形成しました。(下記画像オレンジライン)

ドル円次週予想(12月21日以降)

週明けの月曜からは、先週からの下落が継続し102.40銭あたりまで下落すると見ています。

根拠

下降トレンドが継続しており、反転ポイントとして102.40銭あたりだと見ています。今年つけた最安値の101.30銭を割ってくるようであれば別の形と見ますが、割ってこなければ上昇を迎えると見ています。

※形成パターンは常に変わるものであり、為替レートの変動により臨機応変に予測を変えていきます。
あくまでも個人の見解であり、これを基にトレードを勧めるものではありません。

関連記事一覧