FX実践日記 ドル円振り返りと次週予想17

皆さんこんにちは。10月も終わりを迎え、本日から11月となりましたね。11月は個人的に好きな季節です。今月を楽しんでいこうと思います。
来週はいよいよ、アメリカの大統領選が行われますね。今回の大統領選が為替相場にどのような影響を与えるのか注目です。

さて、今週もしっかりと振り返りと次週からの予想を立てていきましょう。

ドル円振り返り(2020年10月26日~30日)

通貨ペア:ドル円
期間10月26日~10月30日

安値約104.02銭
高値約105.05銭
ボラリティ約103pips

今週は先週に予想立てした動きと概ね予想通りの動きをしてくれました。読みやすい相場だったと感じています。来週のアメリカ大統領選がどのように影響を与えるのか注目していき戦略を立ててトレードしていきたいと思います。

チャートパターンでの振り返り

週初めから先週からの下落が継続しましたが、木曜日には反転となり上昇を迎えました。
反転となったポイントではN計算値を形成して反転。(下記画像オレンジライン)

ドル円次週予想(11月2日以降)

週明けの月曜からは、今週の木曜日に反転した際につけた安値は割らずに上昇を迎えると見ています。価格でいうと、105円あたりまで上昇すると見ています。

根拠

先週予想の長期足での反転ポイントから上昇を迎える予想で今も見ています。価格でいうと、105円までの上昇と見ている根拠は、短期足でのハーモニックパターン”クラブ”を形成しに来ると見ているからです。そして、106円を目指し上昇してくると見ています。(下記画像参照)

※形成パターンは常に変わるものであり、為替レートの変動により臨機応変に予測を変えていきます。
あくまでも個人の見解であり、これを基にトレードを勧めるものではありません。

関連記事一覧