通貨ペアの選び方

通貨ペアの中で、FX初心者が選ぶべきものとは

世界中の色々な通貨を取り扱っているのも、FXの特徴です。
様々な通貨ペアがある分、様々な特徴があります。自分に合った通貨ペアの特徴をつかむためにも、参考にしてみてください。

通貨ペアとは

通貨ペアとは

FXとは、2つの通貨の交換レートの値動きに対して投資できるという金融商品です。しかも、証拠金で入れたであろう「円」を担保に取引するため、「円」を介さない通貨ペアのトレードも可能です。

日本のトレーダーは、「円」を売って外貨を買うことしかできない人が多いといいます。しかし、為替相場は米国が中心であったり、主要なプレーヤーたちも世界中にいます。対円のみで考えずに、グローバルな視点を持ち、相場を見ることが必要です。

初心者向けの通貨ペア

初心者向けの通貨ペア

実際に取引する際は、アメリカ、イギリス、豪ドル、NZドル、スイス、カナダ、日本、金などのメジャーな通貨で十分です。

主要通貨一覧
主要通貨一覧表

他にもたくさんの通貨ペアを取り扱っている取引会社はたくさんありますが、マイナーな通貨になればなるほど情報も少なく、変動幅も大きくなりやすいため、取引をする際には気を付けなければなりません。
今からFXを始める方なら、最初はメジャー通貨の組み合わせから入りましょう。

特に、「ドル」、「円」、「ユーロ」、「ポンド」の組み合わせは、情報量も多い上に取引コストとなるスプレッドも狭く、有利に設定されています。

通貨との相性をみる

通貨との相性をみる

通貨ペアには、それぞれの特性があります。

例えば、「ポンド」だと、
値動きが激しいことが一番の特徴であると言えます。
米ドルが1日に1円前後しか動かないのに対して、英ポンドは最大で10円前後動いた例もあります。
ボラティリティ表(相場の変動度合いを表にしたもの)を見てみても、トップ3は常に「対ポンド」が独占していることがほとんどです。このような相場の動きをする通貨ペアは、「デイトレード」や「スキャルピングトレード」という、短期取引向きの通貨と言えます。他にも「ゴールド」なども値動きが大きい通貨と言われています。

それに比べて、「米ドル」は、
1日の値動きは、数銭から1円前後で、値動きが穏やかです。また、取引量が多いため、安定性が高いと言えます。
このような相場の動きをする通貨ペアは、大きな値動きがないため、利益を出しにくい印象を受けますが、反対に大きな損失を出しにくいことも特徴です。ハイリスクハイリターンを求めていない、手堅い取引をしたいトレーダーに向いていると言えます。

このように、チャートパターンはどの通貨に共通していても、それぞれの通貨ペアによってトレーダーの性格やパターンなどとの相性があります。慣れてきたら、色々な通貨を試してみて、自分に合う通貨を探してみてください。

まとめ

まとめ

通貨ペアによって値動きの特徴はあるものの、チャートパターンはどの通貨ペアでも同じように表れてきます。

「MoneyHunt」は基本的にテクニカル分析でのトレード方法ですが、チャートが動くといわれている、主要国の経済指標など関しては把握することを勧めています。上手に主要国の情報を取り入れながら、自分と相性の良い通貨ペアや、チャートパターンでの戦略を探していきましょう。

関連記事一覧