エントリーポイントのコツ

テクニカル分析での、勝てるエントリーポイントのコツ

エントリーポイントの見つけ方が分からない、ということをFX初心者の方からよく聞きます。初心者のうちはエントリーポイントを決めるのが難しく、ついつい相場に張り付いてしまいます。

今回は、初心者の方が心に留めておいてほしい、エントリーポイントのコツをお話します。

動く時間にトレードする

動く時間にトレードする

FXは、平日なら24時間トレードすることができます。

しかし、FXは株などに比べて値動きが小さく、実際の値段はほぼ動いていないのに、活発に動いているように見えることがあります。それが、チャートに張り付いてしまうことの原因にもなります。

特に初心者トレーダーは、「エントリーのチャンスを逃したくない」という気持ちから、チャートから目が離せなくなる人も少なくありません。

これは、

  • チャートを見なくても安心できるようにストップロスの注文を必ず出すこと
  • 効率よく利益を上げるために時間を限ってトレードする

を意識するだけで、解決することができます。

相場が最も動く時間は、日本時間の夕方から夜中までになります。特に、経済指標が発表される時間は、日本時間に直すと21時半と23時(冬時間だと22時半と24時)、NY株式市場のオープンは、日本時間で22時半(冬時間で23時半)となっています。

自分のライフスタイルに合わせてにはなりますが、まずはこの辺りに限定して効率よく稼ぎましょう。

エントリーポイントの判断方法

エントリーポイントの判断方法

リアルタイムでエントリーポイントを見つけ出すのは、最初は非常に難しく感じますし、多くの経験が必要となります。エントリーポイントの探し方はいくつかありますが、初心者でも取り組みやすいのは、チャートパターンを覚えエントリーポイントを探す方法です。

チャートは過去の形を再現すると言われていますので、特定のチャートの形を覚え、動きを予測することで、エントリーポイントを知ることができ、利益を獲得する確率が高まります

「MoneyHunt」でおすすめしているのは、ハーモニックパターンでフィボナッチリトレースメントを使用したチャート分析です。数字を当ててパターンを見るので、初心者にも比較的簡単で分かりやすいと思います。

また、「MoneyHunt」流チャートパターンでは、王道のフラッグパターンからのエントリーポイントに関して解説しています。

チャートパターンを覚えていても、リアルタイムでエントリーポイントを探せるようになるには、慣れが必要です。はじめのうちは、熟練トレーダーが出すシグナル配信などを利用して、エントリーを待ち伏せしてトレードするのも良い手です。

シグナル配信を行うオンラインサロンはこちら

損小利大を実践する

損小利大を実践する

うまくリスクを管理して、お金を増やしていくにはどうすればよいのか。それは、いかに損を小さくできるかが重要になってきます。

単純に、1回のトレードで得られる利益と損失が同じであれば、トータルでは勝つことはできません。ですが、勝っている投資家は、勝率30~40%だとしても、トータルで勝てています。

それが、「損小利大」の原則で、損切りは早く小さく、利益は大きく伸ばすということを実践し続けているのです。

人間は感情を持っているので、どうしても利益は早めに確保してしまい、損に対しては希望を持って戻るまで待とうと思ってしまうものです。

この心理に勝つためには、損切りのルールを決めて、守るしか方法はありません。損切りと利確の決め方ついては下記の記事も参考にしてみてください。

損切りをしなければ、負けずに連勝し続けても、1回のミスで全てを失うことになります。損切りについては軽く考えず、きちんと自分なりのルールで習得しましょう。

エントリーしないことも大切

エントリーしないことも大切

少し慣れてきて、色々なチャートの見方ができるようになると、次から次へとポジションを持ってしまったり、負けが続いて焦ると、いつもと違うチャートの見方をして明確な理由がないままポジションを建ててしまう方がいます。

先ほど損小利大の話をしましたが、チャート上で良いパターンを見つけても、利益があまり伸びないようなポジションは、取る必要がないといえます。初心者だからこそ、大きな利益が見込める優位なポジションを見つけられた時にだけ、エントリーするようにしましょう。

まとめ

まとめ

投資は、自分の決めたルールを守れる人が勝ちます。儲けているほど、自分のルールのもと淡々と作業を継続しています。

負けた場合だからこそ、まずは冷静になって自分が最初に決めたルールをもう一度確認する必要があります。自分に合ったトレード方法を見つけ出し、常により良いものに更新していきましょう

※当ブログで記入または、掲載している画像はあくまでも個人の見解であり、利益を約束するものではありません。当ブログを閲覧され、お客様が投資を行った結果は、全てお客様に帰属します。また、売買を強制するものではありません。売買の結果、お客様に損害が発生することがあっても、これを賠償する責任は負いません。

関連記事一覧