FX実践日記 ドル円振り返りと次週予想4

皆さん、こんにちは。4連休はどう過ごされたでしょうか。新型コロナウイルスが猛威を振るっている中、気を使ってお出かけされた方も多いと思います。早く、収束に向かうといいのですがまだ当分続きそうですね。自分がかからないようにしっかりと対策をしていかないといけないですね。
さて、今週もしっかりと振り返りと次週からの予想を立てていきましょう。

ドル円振り返り(2020年7月20日~7月24日)

通貨ペア:ドル円
期間7月20日~7月24日

安値銭105.68銭
高値銭107.52銭
ボラリティ約184pips

週明け月曜から上昇したものの、その日のうちに下落し安値を更新し続け105円台に突入しました。トレンドに逆らわずトレードできていれば利益を上げられた1週間だと感じています。

チャートパターンでの振り返り

週明けから水曜までに、ハーモニックパターンサイファー形成から下落。(下記画像水色ライン)
下降トレンドのN計算値。E計算値が出現。

ドル円次週予想(7月27日以降)

週明けの月曜からは、106円のサポートラインを割ってきているので更に下落するとみています。為替レートでいうと、104円54銭あたりを目指してくると予想します。

根拠

104円54銭の根拠として、106円のサポートラインを割っていて、下記画像水色ラインの「ハーモニックサイファーC点」+「N計算値」を形成しに来るかとみています。

※形成パターンは常に変わるものであり、為替レートの変動により臨機応変に予測を考えていきます。
あくまでも個人の見解であり、これを基にトレードを勧めるものではありません。

関連記事一覧