正しいFXのやり方とは

正しいFXのやり方とは

資産運用が大事だと言われている中で、FXのように気軽できる投資ですと、興味本位で始める方も多いかと思います。

しかし、FXを今から始める方も、すでに始めている方の中にも、正しいFXのやり方を知っている方は少ないと感じています。今回は、FXでなるべく損をしないための正しいFXのやり方をお伝えしていきます。

FXの口座選び

FXの口座選び

FXを始めるには、最初にFX口座を開設しなければいけません。FX会社の口座に円を預けることで、「円を売ってドルを買う」「ドルを売って円を買う」などといった2国間の外貨通貨の取引が可能になり、その差益で利益を残していくという仕組みです。

FX会社にも様々な種類があり、会社によってスプレッド手数料、スワップポイント、レバレッジなどは異なりますので、自分に合った口座を選ぶ必要があります。

そして、FXの口座には、大きく分けて2つあり、国内FX口座と海外FX口座に分けられます。

  国内FX口座 海外FX口座
スプレッド 狭い 広い
レバレッジ 最大25倍 最大5,000倍
追証 あり なし
税金 一律 変動
取引方式 DD方式 NDD方式
ボーナス あり
(ただし条件が厳しい)
あり
口座開設

マイナンバーカードの提出必須
郵便物の受け取りが必要

ネット提出で完結する
プラットフォーム 独自 MT4
出金 スムーズ スムーズにいかない時もある

このように国内FXと海外FXの特徴を比べてみると、初心者の方は、海外FX口座で始める方法が良いといえます。理由としては、海外FXには、国内FXにある追証(相場の急変動などによりロスカットなどが間に合わず、残高がマイナスになってしまった場合の損失分を補填しねければいけない仕組みのこと)がなく、ゼロカットシステムといい残高がマイナスになってしまっても0に戻してくれるというシステムが採用されています。※FX業者によって異なります。

表に出てくる単語などが分からない方は、下記の記事で説明していますのでご覧ください。

 

初心者の方で一番避けたいのが、せっかくFXを始めようと余剰資金を入れたのに、追証などで全ての資金をなくす上に借金を背負ってしまうことです。初心者の方は、まだ資金管理や手法が身についていないため、そのような事態になる可能性も高くなってしまいます。

まだ自分のトレードに自信が持てなかったり、資金管理やリスク管理がきちんとできるようになるまでは、海外FX口座を使っている方が投資金以上の資金をなくしてしまうリスクもないので良いかと思います。

初心者向けの口座

これらの理由から、初心者でまだ不慣れなうちは、なるべくリスクを避けて追証のない海外FX口座で始めるのが良いかもしれません。

管理人が一使用している口座は、「XMtrading」という海外FX口座になります。

XMtradingで無料口座開設をする

この口座は、新規口座の登録で3000円のボーナスを手に入れることができます。このボーナスもトレードに使用でき(出金は利益分のみ)、入金0円からFXを始めることが可能です。

無料のデモトレードを使用して、本番前に色々な手法を試すこともできます。 まずはリスク0、入金0で始めてみるのはいかがでしょうか。

無料でデモ口座を開設する

FXの分析方法

FXの分析方法

FXには、様々な分析方法があります。特に、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析で大きく2種類に分けることができます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、 経済指標や、国の重要人物の発言(トランプ大統領演説やTwitter等)や企業の決算発表等の指標の良し悪しによって為替レートの変動の予測を行う分析方法であり、為替レートの動きの原因を理解しようとすることです。
為替レートの変動原因や変動理由について、経済的な要因から理解しようとすることをいいます。

テクニカル分析

テクニカル分析とは、FXの値動きの推移を表したチャートを読み、過去の動きから現状把握や未来予測を行う分析方法のことをいいます。 投資家の心理状態を分析し、今後のチャートの動きを予測する手法です。

テクニカル分析の強みは、経済的な要因に囚われず、為替レートの変動のどのような状況であっても対応することが出来ることです。

とても経済に詳しい方ならファンダメンタルズ分析でも可能かもしれませんが、個人的には初心者の方はテクニカル分析を勉強していく方が良いのではないかと思います。理由として、一般人が経済指標などの情報を手に入れる頃には、すでにチャートが変動した後であることが多いからです。また、ファンダメンタルズという不確かなものだと、エントリーポイントや損切りポイントなどの明確なルールを立てづらいのも、初心者向きではないと言えます。

FXの利益の出し方

FXの利益の出し方

では、初心者の方はどのように利益を出していくと良いのでしょうか。

「FXで利益を出す」と聞くと、上がるか下がるかの勝率を上げると思われる方が多いと思います。しかし、そのやり方は不確かなものであり、FXにおいては間違っています。

FXで利益を出すためには、「勝率を上げること」ではなく、「利益を上げること」が大切になってきます。こここでのFXの勝ち方は、勝率が低くても、資金がプラスになる方法でトレードをすることなのです。

「利益を上げること」ってどういうこと?と思われる方もいるかもしれません。ここでいう「利益を上げる」とは、優位なポイントでのエントリー、資金を残す損切り、確実な利確で利益を残していくことを言います。

優位なポイントでのエントリー

では、優位なポイントでのエントリーとはどういうことなのでしょうか。それは、損切りに対して利益はどれだけ期待できるのか、を見極めてエントリーすることを言います。

例えば、チャートパターンで予想できる負け金額が1万円である場合、勝ち金額が5万円期待できるのであれば、優位性のあるポイントと言えます。反対に、負け金額が1万円で、勝ち金額も1万円期待できるポイントは、優位性のあるポイントであるとは言えません。勝率が高ければプラスになりますが、勝率が低ければマイナスになってしまいます。

勝ち金額5:負け金額1 の割合で、きちんと損切りと利確を立てるとすると、

例えば10回トレードして勝率が30%の場合でも、
勝ち金額15:負け金額7 となり、勝率が低くても利益が出るのです。

このように、優位性のあるポイントを見極めることができれば、初心者の方でもFXで利益を残せるようになっていきます。

損切りと利確

優位なポイントでのエントリーができたら、必ず利確と損切りを設定しましょう。せっかく優位なポイントでエントリーできたのに、利確と損切りを設定しなかったり、途中で変えてしまうようでは、意味のないものになってしまいます。

もちろん、「損切りしなければよかった」「もっと上にいったのに利確してしまった」と後で後悔してしまうこともあります。しかし、きちんと利確や損切りをすることで、トータルで勝てるようになることが大切なので、その感情は押し込んでたんたんとトレードすることで、利益を出しやすくなります。

そうやって利益を出せるようになることで、自信がつき、気持ちも切り替えていけるようになっていきます。

FXの資金管理

FXの資金管理

そして、自分の資金量にあった資金管理が大切になってきます。

いくら勝率が悪くても勝てる方法があると言っても、資金が底を尽きてしまえばそれも意味がありません。きちんとトレードを続けることのできる資金を残すやり方を身につけていかなければいけません。

海外FXはハイレバレッジなので、ロット数が増えれば増えるほど、ハイリスクハイリターンのトレードになってしまいます。それが悪いことである、とは一概には言えませんが、毎回それをしてしまうと、すぐに資金が底をつき、チャンスを逃すことになります。

この資金管理の感覚や、自分の資金量に合ったロット数などは、トレードを経験しながらでないと身につかないものであると言えます。資金をかけずにそれを身につけたい場合は、デモトレードや海外FX口座の新規口座開設ボーナスを利用して、入金0リスク0から始めてみると良いかもしれません。
デモトレードや入金0リスク0のFXの始め方に関しては、下記の記事で詳しく説明していますので、気になる方はご覧ください。

 

FXのルール作り

FXのルール作り

FXは、最終的に自分の感情との戦いになっていきます。自分のルール(手法や戦略など)をいかに守っていけるかで、FXで生き残れるか生き残れないかが決まってきます。

先ほど説明した、

  • 優位なポイントでのエントリー
  • 利確や損切り
  • 資金管理

などは、最低でもきちんと自分のルールの中に取り入れましょう。
その他には、〇〇円まで利益が出たら出金する、〇〇円損をしたら来月までトレードはしない、などを取り入れても良いと思います。

そして、ポジションを持っている間に、その場でルール変えることは避けましょう。せっかくのルールの意味を無くしてしまいます。

自分のルールで勝てるのであれば、それで良いし、負けてしまうのであれば、後から分析をして、ルールの見直しと改善をしていくことで、自分なりのトレードが確立していきます。また、それが自信にもつながってくると思います。

まとめ

まとめ

今回お伝えしたFXの正しいやり方は、あくまでも損をしないためのやり方になります。それぞれ個人のFXのやり方に、正解不正解はありません。

それは、人によって資金量、チャートの見え方、得意な通貨ペアなども違うので、自分なりのFXを追求していくことが正解になってくるからです。今、勝てているトレーダーはこれをきちんと追求してきた方たちだと思います。

勝てるトレーダーになるために、「正しい負け方」や「正しい勝ち方」を学んでいきましょう。

関連記事一覧