ロウソク足から相場を読み解く

FXのローソク足チャートから相場を読み解く

皆さん、チャート画面に表示されるチャートの種類の中で、「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」がありますが、この3種類のうちどれを使用されていますか?

多くの日本人の方が、「ローソク足」を使用してチャート分析をされているそうです。実際に、私もローソク足を使用しているトレーダーです。そんな、多くの日本人に使用されているローソク足から読み取れることはたくさんあるということにお気づきでしょうか。

今回は、ローソク足から読み取れる多くのことについて解説させていただきます。

チャートの種類

チャートの種類

FXでいう「チャート」とは、過去の値動きを表したものになります。

FXは、値段が上がるのか下がるのかを予測していくものです。チャートから読み取れる情報で、今後相場がどのような値動きをしていくのかを予測することができます。

チャートの種類は、「バーチャート」「ローソク足」「ラインチャート」の3種類があります。簡単に3つのチャートの説明をしていきます。

バーチャート

バーチャートからは、4つの為替レート情報を読み取ることが出来ます。「 始値・終値・高値・安値 」の4つをバーチャートから読み取ることが可能です。

上記画像は、バーチャートをチャート上に表示させた画像になります。

ラインチャート

ラインチャートからは、1つの為替レート情報のみ読み取ることが出来ます。
それは、「終値」の1つです。ラインチャートは時間足の終値を結んだライン表示方法になります。

上記画像は、ラインチャートをチャート上に表示させた画像になります。

ローソク足

ローソク足は、バーチャート同様に「始値」「終値」「高値」「安値」の4つを読み取ることが出来ます。
ローソク足の時間足で、1日足を見ているのであれば1本のローソク足が1日かけて形成されます。それが、4時間足であれば4時間で1本のローソク足、30分足であれば30分で1本のローソク足が形成されます。

上記画像は、ローソク足をチャート上に表示させた画像になります。

上記画像の、青い長方形と、赤い長方形があるのが見て取れると思います。この青と赤の長方形が始値と終値の価格変動の幅になります。
これを「実体」と言います。そして、実体と高値の差及び、実体と安値の差を「上ヒゲ」「下ヒゲ」と言います。

ピンバー

「ピンバー」は上ヒゲや下ヒゲがとても長く、実体部分が短いローソク足のことを言います。ピンバーから読み取れることは、1本のローソク足が始まった時には”売り” ”買い”どちらか一方の勢いが勝ったものの、その1本のローソク足が形成されるまでに跳ね返りが発生し、結局は”売り” ”買い”の一方の勢いに負けてしまったということです。

上:時間足の始まりは売りの勢いが強かったが最終的には買いが勝ったことがわかる
下:時間足の始まりは買いの勢いが強かったが最終的には売りが勝ったことがわかる

また、始値と終値がほぼ同レートで終えローソク足の実体がほとんどない状態であれば、上下に勢いよく変動したものの、結果”売り” ”買い”の攻防は決着がつかなかったと読み取ることも出来ます。

上:時間足が始まってから勢いよく下がったが、結局は押し戻されて始値終値がほぼ同レートで実体がほとんどない状態
下:時間足が始まってから勢いよく上がったが、結局は押し返されて始値終値がほぼ同レートで実体がほとんどない状態

始値と終値がほぼ同レートで終え、ローソク足の実体がない状態の「ピンバー」は、上記例図(上)のような安値圏や例図(下)のような高値圏で出現することが多いです。ですから、安値圏及び高値圏で「ピンバー」が出現したのであればトレンドの転換を疑ってもいいでしょう。トレンドが転換する前兆として捉えておくことで戦略が立てやすくなります。

ピンバーは、多くのトレーダーが意識するローソク足の形であり、過去のチャートをさかのぼって確認すると、同じ価格で反発している、高値もしくは安値の価格と重なっていることがあります。重なっているポイントであれば、さらにトレーダーが意識する価格となります。ピンバーが出現することでより強い反発、反落のシグナルとなります。

しかし、反落した高値をブレイクすることで、レジスタンスラインとして機能していた価格がサポートラインとなり下支えとなり転換することがあります。また、その逆で反発した安値を割ってくることで、サポートラインとして機能していた価格がレジスタンスラインとなり上支えとして転換することがあります。

スラストアップ・スラストダウン

スラストが出現した場合上昇もしくは下落の勢いが強いことを読み取ることが出来ます。

上:前日高値を超えていることから更に買いが継続していることが理解できる。スラストアップ
下:前日安値を割っていることから更に売りが継続していることが理解できる。スラストダウン

通常、前日高値や安値はトレーダーが意識する価格であります。そのトレーダーが意識する、高値安値を超えたり割ったりするということは、上昇(下落)が継続するとみているトレーダーが多いので、為替レートもその方向に進もうとします。また、当日の終値の位置が高ければ高い程(低ければ低い程)上昇(下落)の勢いが強いと読み取ることが出来ます。

スラストは、力強い値動きを示すシグナルであり、スラストアップ(スラストダウン)の連続はより強固なシグナルとして意識されます。スラストの初動でエントリーすることが出来れば、ストレス負荷がほとんどなく利益が勢いよく伸びていきます。しかし、初動を狙うことはリスクも高いので別の根拠と複合で戦略立てして、エントリーポイントを見極める必要があります。

リバーサル

リバーサルは下落時の反転や、上昇時の反落を示すシグナルとなります。


上:反転のシグナルとなるリバーサル
下:反落のシグナルとなるリバーサル

反転のシグナルとなるリバーサルは、前日の安値を更に更新してくるものの、終値までに反転上昇し前日のローソク足の高値及び実体の高値を上回って終えていることが条件となります。
反落のシグナルとなるリバーサルは、前日の高値を更に更新してくるものの、終値までに反落下落し前日のローソク足の安値及び実体の安値を下回って終えていることが条件となります。

リバーサルは、天井圏や底値圏ではトレンドの転換を疑うようにしましょう。しかし、トレンド転換せずに”ダマシ”となる可能性がありますのでシグナルを信頼しすぎないようにしましょう。強い根拠となるのは、チャートパターンのダブルトップやダブルボトムと、リバーサルが重なるポイントであればより強固なシグナルとなります。
複合シグナルが発生しやすいのがリバーサルでありますので、リバーサルが発生した場合には他の根拠も探してみるとおもしろいでしょう。

インサイド・アウトサイド

インサイドは、ローソク足の上ヒゲから下ヒゲまでの値幅の内側に翌日以降のローソク足が前日のローソク足に収まった形になると成立します。
逆に、アウトサイドは当日のローソク足が前日のローソク足の高値安値を更新している形になると成立します。

上:インサイド
下:アウトサイド

インサイドでは、上記画像では大きく下落して翌日には売りの勢いが鈍り、小反発していることが読み取れます。(逆のパターンもあります)
アウトサイドでは、上記画像のように、前日の動きは勢いがなかったものの、翌日には大きく上昇していることで、上昇の勢いが強いということを読み取ることが出来ます。(逆のパターンもあります)

インサイドの相場からは、トレーダーが様子見状態であることが理解でき、高値もしくは、安値をブレイクした方向に進むことが多いです。
アウトサイドの相場からも、高値もしくは、安値のどちらの方向に進むかをトレーダーが様子見している状況であり、ブレイクした方向に進むことが多いです。

インサイド・アウトサイドもリバーサルと同様に、トレンド転換を疑うことが出来ます。リバーサルが発生した後、インサイド・アウトサイドを形成することが多いです。リバーサルの出現時にエントリー出来なければ、慌てることなくインサイドもしくはアウトサイド発生を待ちエントリーしても遅くはありません。

まとめ

まとめ

ローソク足のチャート画面は普段から頻繁に見ているはずだと思います。

そのローソク足の、1本1本を意識してチャート分析をすることで新たな発見を得られるでしょう。そして、ローソク足から様々なことを読み取ることで、トレード分析能力も向上するはずです。

多くのトレーダーが使用しているローソク足をあなたは一段階上のレベルで分析することで、利益を伸ばせるトレーダーとなれるでしょう。

関連記事一覧