FXトレードで利益を出すためにやるべきこと

FXトレードで利益を出すためにやるべきこと8つ

いま、「年金2,000万」問題で騒がれたように、資産運用(自分で自分の将来のお金を作ること)を国(金融庁)等から勧めてくる時代になりました。皆さんに求められていることは、資産運用を今後していく知識を増やすことだと思います。

高金利時代は終わりを迎え低金利時代の今、銀行にお金を預けているだけでは、お金の価値が下がる一方であります。しかし、資産運用をすべきということは理解しているものの、何を始めたらいいのか、リスクがあるから始められないといったことを頻繁に耳にします。

そこで今回は、資産運用としてFXで利益を出すためにやるべきことについて解説していきます。

勉強を怠ってはいけない

勉強を怠ってはいけない

勉強を怠ってはいけないということについては、FXに限らず、他の資産運用にも通じますし、普段の仕事でも同じことがいえると思います。やはり、仕事に対して意欲もなくただ毎日過ごしている方と、意欲を出して日々勉強している方とでは、後者の方がサラリーマンとして昇進しやすいですし、法人の代表者としても他社からの信頼や部下からの人望につながると思います。

これは、FXでも同じことが言えます。ただやみくもに取引をしていては、一時の利益は上がるかもしれませんが継続した利益を上げ続けることは難しいです。また、適当に取引をしていると”損が出た” ”利益が出た”というような感情の起伏が激しくなり取引が長続きしません。

FXの勉強としては、本を読んだり、インターネットで検索して調べることも大切です。しかし、実際の取引をするとわかると思いますが、本やインターネットで調べたことを実際のトレードでやろうとしてもそう簡単に出来ることではありません。

ですから、デモトレードやバックテストを用いてトレードを積極的にしましょう。デモトレードは無料で口座開設できますし、バックテストはMetaTrader4(MT4)等の無料プラットフォームをダウンロードすることで行うことが出来ます。お金をかけずに、リアルトレードと同じような取引が行えるので、実践に限りなく近いトレードが出来ます。デモトレードや、バックテストで勝てるようになればリアルトレードでも勝てるでしょう。逆に、デモトレードやバックテストで勝てないのであればリアルトレードでも勝てません。

判断は正確に、決断は迅速に

判断は正確に、決断は迅速に

トレードでは、悩んでしまう場面が多いとそれだけストレスになりますので良いトレードとは言えません。また、悩んでしまうということは自分のトレードに自信がないことが原因としてあります。

それは、エントリーを適当に行っていることが多いです。自分が自信のあるトレードであればどこでエントリーするということが定まっているはずです。ということは、明確なエントリーポイントであるということです。明確なエントリーポイントであれば、「損切りポイントはここ、利確ポイントはここ」というように、エントリーする前からある程度のシナリオを思い描いているはずです。トレードの判断を正確に行うことが出来ますし、決断を迅速に行えるため、必ず明確なエントリーポイントでトレードするようにしましょう。

トレードでは勝率に拘らない

トレードでは勝率に拘らない

FXでは、勝率が悪くても勝てる(利益を残せる)やり方があります。それは、損小利大でトレードをすることです。

例えば、1回のトレードで勝ち2、負け1のポイントでエントリーを10回するとします。

勝率50%の場合、
勝ち:2×5回=利益10
負け:1×5回=損失5
ですから、利益10-損失5=利益5
となり利益を残すことが出来ます。

勝率40%の場合、
勝ち:2×4回=利益8
負け:1×6回=損失6
ですから、利益8-損失6=利益2
となり利益を残すことが出来ます。

上記例のように、勝率が悪くても利益を残すには損小利大のエントリーポイントを見つけることで可能というわけです。
勝率が悪くても利益を残せるということは、FXをやる上でこの優位性を利用しない手はないですし、実際に利益を出し続けているトレーダーはやっていることです。ですから、損小利大の”おいしい”エントリーポイントでのトレードをするようにしましょう。
ですが、損小利大のトレードを成り立たせるためには、損切りが出来るトレーダーでなければいけません。損失を制限しなければ損小利大は成り立ちませんので、損切りが出来るトレーダーになりましょう。勝率が良くても損切りが出来なければ、損大利小といういわゆる”コツコツドカン”で資金を失ってしまう負けトレーダーになってしまいます。

利益の目標金額

利益の目標金額

FXでひと花咲かせようと夢を見るのはもちろん悪いことではありませんが、現実はそううまくいかないものです。ですから、利益を上げているにも関わらずその金額に満足がいかなかったり、大きく利益を上げようと欲を出してしまったりするのです。

そこで、利益の目標金額は自分の身の丈に合った金額を目標設定としましょう。目標が達成できるようであれば、それから目標金額を上げていけばいいのです。目標金額が現実味のある自分の身の丈に合っている設定であれば、その目標金額を達成しようと「意欲」が湧きます。

そして、目標金額に近づくため「努力」します。そして、目標金額を達成することで「喜び」を得られます。モチベーションが維持できる目標設定にすることでFXが楽しくなります。

無駄なエントリーを減らす

無駄なエントリーを減らす

FXをやられている方で、なぜかポジションを常に”保有していたい”という方がいます。いわゆる「ポジポジ病」と呼ばれることです。

ポジポジ病の方は、FXで儲けたいのではなく、FXで得られる「ドキドキ感」や「ハラハラ感」を味わいたいと、FXをやる目的が変わってしまっているのです。

この記事を読んでいる方の目的は、そうではありませんよね。資金を増やすためにFXをやるので、ポジションを常に保有していないと嫌だということはないですよね。もし、ポジポジ病の方であれば、今一度自分は何のためにFXをやるのかと考えてみて下さい。そうすることで、今までのやってきたことが無駄にはならず、高い勉強代を払ったかもしれませんが、今後に繋がります。

取引の結果を記録する

取引の結果を記録する

トレード回数が多い方は一つ一つのトレード結果を振り返るということは時間がかかるのでなかなかできないと思います。しかし、自分の取引結果や内容を振り返ることはとても重要なことですから、取引結果だけでもつけていきましょう。

例えば、通貨ペア毎の取引結果をつけることで得意、不得意な通貨ペアを知ることが出来ます。また、取引全体の勝率を出すことで損小利大トレードの損をこれだけ、利をこれだけというように、どの数値ならば勝率が悪くても利益を残せるのかということを知ることが出来ます。

さらに、自分の取引結果をつけることで、なぜこんなひどいトレードをしていたのだと冷静になって理解できるので、トレードで負けてロット数を上げたり、何も考えず適当なエントリーをしたりすることを抑制することが出来ます。
ですから、取引の結果をつけましょう。時間に余裕がある方は振り返りも一緒にするとより良いトレード結果を残せるようになります。

自信のあるトレード戦略を一つ身につける

自信のあるトレード戦略を一つ身につける

トレーダーの皆さんは、日々トレードで利益を出すために勉強をされると思います。そして、勉強することで様々な相場環境にも対応できる力が備わってくると思います。

そうすると、様々な手法や戦略を試してみたくなります。この状況になることは素晴らしいことですが、目的は決して見失わないようにしてください。FXをやる目的は資金を増やすことです。新たな手法はデモトレードで試すようにしましょう。そして、その手法が勝てる手法であれば実践で使用しても遅くはありません。

話が逸れてしまいましたが、日々勉強することで自分のトレードの手法が定まらないことがあります(手法や戦略を知れば知るほどトレードで悩んでしまいます)。そうすると、せっかく利益を上げていたにも関わらず、トレードで勝てないようになるという悪循環になる可能性があります。

ですから、自分の自信のある(勝てる)トレードを一つでいいので身につけるようにしましょう。身につけることで新たな手法を試して勝てなくても原点に戻ることで勝てるようになります。

情報に惑わされないように

情報に惑わされないように

情報社会の中で、FXに関する様々な情報が世の中には溢れています。様々な情報を入手することはとても大切なことです。

しかし、情報を入れれば入れるほど惑わされる可能性が高まります。例えば、自分は「買い」だと考えていたけれど、ある人が「売り」だと言っていたから、売りを入れる。というように、情報に惑わされて自分のトレード戦略を変更してまで信じてしまうと良いことはありません。世の中に必ず勝てる情報というものはありませんし、人の言うことを聞いて上記のように売りを入れて勝てればいいですが、負けた時にはその人のせいには出来ませんのでストレスが溜まるだけです。

ですから、情報は参考程度にして取り入れていくようにしましょう。そのトレードで失敗したとしても、情報は間違いだったと冷静に振り返ることが出来ますし、いい勉強にして、トレードをよりよくしていくということに繋げることが出来ます。

まとめ

まとめ

資産運用が騒がれている世の中で手軽に始めることがFXを選択される方も多いです。しかし、訳も分からず取引して無駄に資金を減らしてしまう方がいるのでとても残念に思っていました。そこで、今回お伝えしました利益を残出すためにやるべきことを参考にしていただき、トレードで勝てる人が増えればいいなと思っています。

FXの取引市場は1日で日本の国家予算を超える金額の取引が行われています。大きな金額が取引されている市場で、夢も大きく膨らみます。

FXで利益を出せるトレーダーになって夢をかなえていきましょう。

関連記事一覧