MT4でバックテストを行う方法

MT4でバックテストを行う方法

皆さんは、「バックテスト」を使用されていますか?

これからFXでトレードを始めようと考えている方、リアルトレードで勝てない方にぜひ、「バックテスト」をおすすめいたします。

FX初心者の方が最初からトレードをして勝てるほどFXは甘いものではありません。さらに、勝てる手法やトレードルールを持っていないので勝てないのは当然であります。また、勝てないトレーダーの方が勝てないトレードを続けていては、これから先も勝てないトレーダーのままです。ですから、バックテストを行いトレードの”マイルール”を作り、勝てるトレーダーになりましょう。

今回は、MetaTrader4(MT4)でバックテストを行う方法について解説していきます。

バックテスト

バックテスト

バックテストとは、過去の為替相場のデータから、自分の手法や、戦略を検証できる機能のことです。期間・通貨ペア・時間足を任意で定めて検証をすることが出来ます。

FXでは、未来の為替相場を100%言い当てることは不可能であります。だれも完璧に予測出来ないものですから、FXの為替相場において予習は出来ません。しかし、バックテストを利用することで過去の為替相場から復習はすることが出来ます。バックテストを使用して復習することで未来の為替相場で”似たような”状況が発生した時にこうすべきだという判断が早くなり、利益を上げやすくなります。

バックテストでやるべき5つのこと

バックテストでやるべき5つのこと

FX初心者の方や、トレードで勝てない方にバックテストでやって欲しいことは、トレードで「勝てるマイルール」を作るということです。マイルールを作るために、

  • 通貨ペアごとの特徴を知る
  • 自分の得意な時間足を身につける
  • スキャルピング、デイトレード、スウィングトレードを試す
  • 自分の精神が保てるロット数を身につける
  • ナンピン、両建て、買い増し・売り増し、注文方法の種類等を試す

上記の5つのことをバックテストで体感して、マイルール作りをしてみて下さい。詳しくはデモトレードの重要性の記事で解説してますので、ご興味があれば見てください。

バックテストの操作方法について

バックテストの操作方法について

ここからは、バックテストの操作方法についてMetaQuotes社から出ている「MetaTrader4(MT4)」を使用して解説していきます。

バックテストの起動方法

バックテストの起動方法は、MT4を起動し、画面上部の虫眼鏡のマーク「ストラテジーテスター」もしくは、「Ctrl」+「R」のショートカットキーで画面下部にバックテストの操作画面が出現します。

バックテストの設定方法

「エキスパートアドバイザ」と「インディケータ」の選択
下記画像の赤丸で囲ってある場所で、「エキスパートアドバイザ」もしくは、「インディケータ」を選択することが出来ます。こちらは、自分が選択したい任意の方で結構です。実際の取引を行う検証をしたいのであれば、「エキスパートアドバイザ」を選択して下さい。

次に、「エキスパートアドバイザ」を選択された場合には、下記画像左の赤丸で囲ってある場所で任意の”EA(ソフト)”を選択してください。その後、下記画像右の「エキスパート設定」でEA(ソフト)の数値設定画面が出現しますので任意の数値を入力し設定を完了させます。完了させるとバックテストに反映されます。

「インディケータ」を選択された場合には、エキスパートアドバイザと同様に、赤丸で囲ってある場所で任意のインディケータを選択してください。その後、下記画像右の「プロパティ」でインディケータの設定画面が出現しますので任意の数値を入力し設定を完了させます。完了させるとバックテストに反映されます。

通貨ペアの設定

通貨ペアの設定方法は、下記画像の赤丸で囲ってある場所で通貨ペアを変更、選択することが出来ます。

ここで、通貨ペアを選択する候補の中に検証したい通貨ペアが無い場合には、「ヒストリカルデータ」を取得する必要があります。

”ヒストリカルデータ”の取得方法は、MT4の画面上部にある「ツール」を選択し、「ヒストリカルセンター」を選択してください。

その後、ヒストリカルセンターの設定画面が出現します。

上記画像の設定画面が出現後、取得したい通貨ペアを選択し「ダウンロード」をクリックすることで、選択した通貨ペアの”ヒストリカルデータ”を取得することが出来ます。ダウンロード完了後、「閉じる」を選択し、MT4を再起動させることで反映されます。

モデル選択

モデル選択は、自身の使用するEAによって変更します。変更方法は、下記の赤丸で囲ってある場所で、変更可能です。

期間の指定方法

期間の指定をすることで、自分がバックテストを行いたい任意の期間を指定することが出来ます。期間の指定方法は、下記画像の赤丸で囲ってある場所で期間指定することが出来ます。

まず、「期間を指定」にチェックを入れます。次に、「開始日」にバックテストを行いたい開始日を入力します。最後に、「終了日」にバックテストを行いたい終了日を入力することで、期間の指定を行うことが出来ます。

時間足の選択

バックテストを行う任意の時間足を選択することが出来ます。下記画像の赤丸で囲ってある場所で時間足の変更、選択を行うことが出来ます。
※MT4のバックテストでは、一度バックテストをスタートさせると時間足の変更は出来ません。

ビジュアルモードの設定

ビジュアルモードをONにすることで、実際に自分の目でチャートを見ながらバックテストを行うことが出来ます。ビジュアルモードをOFFにすることで、チャートは見れませんが選択した任意の期間を時間を短縮して確認することが出来ます。

自動売買ソフト(EA)の試運転であれば、ビジュアルモードをOFFにして結果だけを確認すればいいのですが、マイルール作りのためにバックテストを行うのであれば、ビジュアルモードをONにしてバックテストを行うといいでしょう。

ビジュアルモードのON/OFFの設定方法は、「ビジュアルモード」のチェックマークを入れることでON、外すことでOFFが選択できます。

バックテストの開始

上記でお伝えしたことで、バックテストの設定は完了となります。設定が完了したら、バックテストを開始させます。バックテストの開始方法は、下記画像の右下赤丸で囲ってある「スタート」をクリックすることでバックテストが開始します。

開始したバックテストの一時停止とスピード調整

スタートさせたバックテストを「一時停止」させる方法は、ビジュアルモードの右側にある下記画像左の赤丸で囲ってある、「||」のマークを押すことでスタートさせたバックテストを一時停止させることが出来ます。また、一時停止からスタートさせるには同じ場所の「≫」マークを押すことで再スタートさせることが出来ます。

「スピード調整」をする方法は、ビジュアルモードの右側にある下記画像の赤丸で囲ってある、バーを右にスライドする程早くなり、バーを左にスライドする程遅くなります。スピードの段階は、”1~32”まで選択することが出来ます。但し、”32”を選択すると”31”と比べて比較にならないくらいスピードが速くなりますので注意が必要です。

※「スキップ」のボタンを誤って押してしまうと、終了日の期間まで、チャートを確認できずに終了してしまうので誤って「スキップ」ボタンを押さないようにしましょう。

バックテスト開始後の操作方法

バックテストを開始して、マイルール作りのために様々な手法や、戦略を試されると思います。そこで、バックテストを開始した後の操作方法についてお伝えします。

基本的な水平ラインやトレンドラインをチャートに出現させる方法は、普段通りで結構です。画面上部から、水平ライン等を選択しチャート画面に出現させることが出来ます。

バックテストを開始させるとストラテジーテスターの操作画面の下部に「結果・グラフ・レポート」のタブが増加します。

結果

「結果」については、取引の履歴を確認することが出来ます。いつの取引をして、売り買いどちらの注文か、エントリーや決済の金額、損益結果等を「結果」で確認することが出来ます。

グラフ

「グラフ」については、取引を行った結果の数値をグラフ化したものが確認できます。

レポート

「レポート」については、バックテストを行った期間すべての取引履歴を詳細に確認することが出来ます。下記図はバックテストを行ったレポートの例です。

バックテストで行った検証データの保存方法

バックテストで検証を行ったデータを残しておく方法があります。その方法は、バックテスト終了後に「結果」もしくは、「レポート」のタブを選択し、右クリック→「レポートの保存」を選択することで検証データを保存することが出来ます。

まとめ

まとめ

今回は、バックテストの設定方法と操作方法について解説しました。

FXトレーダーでも、バックテストを利用されていない方が多いように感じます。しかし、バックテストは、リアルトレードに近いトレードをすることが出来ますし、お金をかけずに自分の試したい手法や戦略を試すことが出来る方法の一つです。

トレードに自信がないのであればバックテストで自分のトレードに自信が持てるまで検証すればいいのです。そして、より良いトレードのマイルールを作ることで、リアルトレードで利益を上げ続けることが出来るトレーダーになれるのではないでしょうか。

リアルトレードでむやみやたらにお金を無くしている人が多いので、ぜひトレードで勝てていない人、これからトレードを始める人は、バックテストで自分のマイルールを作り自信をつけてからリアルトレードに臨まれることをおすすめいたします。

関連記事一覧