MT4の使い方

FXで使用するMetaTrader4(MT4)の使用方法を解説

今回は、MetaQuotes社から出ているMetaTrader4のプラットフォームの使用方法を解説してきます。世界で最も多くのトレーダーが使用しているプラットフォームであり、様々な自動売買ソフトやインディケータといったプログラムを組み込むことも可能ですし、多くの取引業者が共通して使用することが出来るプラットフォームの使用方法についてお伝えします。

MetaTrader4とは

MT4の使い方

MetaTrader4(MT4)とは、MetaQuotes社から出ている無料のプラットフォームです。MT4というプラットフォームを使用することでチャート画面を見ながらその場でトレードをすることが可能です。(取引業者の口座を連動させないといけません)
また、MT4を使用することでチャート画面にラインを引くことが出来たり、様々なインディケータをチャート画面に出現させたりして、テクニカル分析を行うことが出来ます。

MT4のダウンロード

MT4のダウンロード

MT4は、MetaQuotes社のHPからダウンロードすることが可能です。

しかし、ご自身がどのFX取引業者を使用しているかで、MT4のダウンロード先を変更した方が良いです。
例えば、A取引業者で口座開設した場合であれば、A取引業者のHPからMT4をダウンロードすべきなのです。なぜなら、取引業者によって”スプレッドの幅”が異なりますし、業者によって相場の”価格変動のズレ”がありますので口座開設をした取引業者でMT4をダウンロードすることで実際の取引の”スプレッドの幅”が異なることや、”価格変動のズレ”が起こることはありません。
ご自身が口座開設した取引業者のHPに、プラットフォームダウンロード先があるかと思いますので、そちらからダウンロードしてください。

スマートフォンを使用する場合は、AppStore(iphone)やPlayStore(アンドロイド)で「MetaTrader4」をダウンロードすることで、どの取引業者で口座開設した場合でも共通で使用することが出来ます。

自分の取引口座とMT4を連動させる方法

自分の取引口座とMT4を連動させる方法

PCで始める場合

ご自身のPC上にダウンロードしたMT4を起動します。起動後、下記画像のように「口座ID」と「パスワード」と「取引業者のサーバ」を入力する画面が出現します。
入力画面で全て入力し、「OK」を押すことでMT4と、ご自身の口座を連動することが可能です。

※もし、MT4起動時に上記画像のような画面が出現しない場合は、MT4の画面左上部にある「ファイル」を選択し「取引口座にログイン」を選択することで上記画像の入力画面が出現します。

スマートフォンで始める場合

今回はiPhone版のアプリを例にして解説していきます。(アンドロイドも要領は同じです)
アプリを起動し、右下の「設定」を選択、「新規口座」を選択、「既存のアカウントにログイン」を選択、画面上部のサーバ名入力欄にご自身が口座開設した取引業者のサーバ名を入力、ログイン(口座番号や口座ID)とパスワードを入力して「サインイン」することでMT4とご自身の口座を連動させることが可能です。

MT4の基本的な使用方法について

MT4の基本的な使用方法について

時間足の変更方法


時間足の変更方法は、赤い線で囲ってある場所の「1M(1分足) 5M(5分足) 15M(15分足) 30M(30分足) 1H(1時間足) 4H(4時間足) D1(1日足) W1(1週間足) MN(月足)」の9つの時間足を選択することが出来ます。
時間足とは、1時間足を選択した場合には1時間で1本のローソク足が完成することです。それが、4時間足を選択した場合には、4時間で1本を完成します。時間足を選択することで、1本の”足”を形成する時間を変更することが出来ます。

チャートの種類変更


チャートの種類変更は赤い線で囲ってある場所の左から「バーチャート」真ん中「ローソク足」右「ラインチャート」になります。日本人の多くがローソク足を使用しています。

チャートの拡大、縮小・画面分割・チャートのスクロールと画面シフト


チャートを拡大、縮小については、虫眼鏡の+で拡大、虫眼鏡の-で縮小が出来ます。
画面を分割、整理するには真ん中の画面分割ボタンを押すことで可能です。
赤い丸で囲んである右から2番目の自動スクロールボタンは解除することで過去の履歴を見ることが可能です。
赤い丸で囲んである1番左端の画面シフトボタンを押すことでチャートを画面右端から離すことが出来ます。

インディケータとEAの導入方法

インディケータとEAの導入方法は、途中までは共通の操作を行います。
MT4の左上「フォルダ」を選択、真ん中あたりの「データフォルダを開く」を選択。

フォルダが開けたら、「MQL4」を選択し開きます。

インディケータの導入時には、「Indicators」を選択。フォルダが開いたら、導入したいインディケータを開いたファイルの中にドラッグ&ドロップで導入。その後、フォルダを閉じMT4を再起動することで導入完了となります。

EAの導入時には、「Experts」を選択。フォルダが開いたら、インディケータ導入と同様に、導入したいEAを開いたファイルの中にドラッグ&ドロップで導入。その後、フォルダを閉じMT4を再起動させることで導入完了。

インディケータとEAをMT4に反映させる方法

上記で導入方法について解説しました。ここでは、MT4にインディケータとEAを反映させる方法を解説していきます。

画面上部のナビゲーターを選択するもしくは、「Ctrl」+「N」のショートカットキーを押すことで、画面左側にナビゲーターが出現します。

「インディケータ」を選択し、導入したファイルを選択し、ドラッグ&ドロップで画面上に持っていくことでMT4に反映させることが出来ます。

EAをMT4に反映させるには、インディケータを反映させることと同様に、「エキスパートアドバイザ」を選択し、導入したファイルをドラッグ&ドロップで画面上に持っていくことでMT4に反映させることが出来ます。

MT4の小技

・MT4の画面上のグリッド線の、表示/ 非表示を「Ctrl」+「G」でショートカットキーとして行うことが出来ます。

フィボナッチ等の数値を見る時に非表示にすると数値が見やすくなります。

・マウスのホイールボタンを押し込むもしくは、「Ctrl」+「F」のショートカットキーで、十字カーソルを出現させることが出来ます。
十字カーソルを出現させることで、「価格、日時、pips、時間足の本数」を確認することが出来ます。

・「Ctrl」+「Z」のショートカットキーでひとつ前の作業に戻ることが出来ます。
例えば、水平ラインを間違って削除してしまった際に戻すことが出来るので便利です。

・「Ctrl」+「M」のショートカットキーで気配値を出現させることが出来ます。

まとめ

まとめ

今回は、MetaQuotes社から発売されているプラットフォームの「MetaTrader4」について解説しました。FXを行うほとんどの方がチャートを見て取引をします。そのチャートを見るプラットフォームとして、多くの方が使用しているのが「MetaTrader4」です。

「MetaTrade4」の使用方法を少しでも理解しておくことでテクニカル分析がしやすくなりますので今回お伝えしたことは基本的な操作についてですが、覚えておいて損はないことばかりです。皆さんも、「MetaTrader4」を使いこなしてトレードがスムーズに行える環境を整えましょう。

関連記事一覧