FXでトレンドをラインによって読み解く方法

FXトレーダーの多くの方が、インディケータを使用したり、チャート画面にラインを引いたりして売買の判断をされていると思います。チャート画面に一工夫入れることでトレンドの方向性や反転ポイントを予測することが可能となります。

今回は、トレンドの方向性をや反転ポイントを掴むために、多くのトレーダーが使用しているラインについて解説していきます。

トレンドライン

トレンドライン

トレンドの方向性に従って引くことが出来る斜めライン。

上昇トレンドであれば右肩上がりの斜めラインで、下降トレンドでは右肩下がりの斜めラインとなります。

上昇トレンドライン

上昇トレンドラインの例図

下降トレンドライン

下降トレンドラインの例図

トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方として簡単にお伝えすると、

  • 上昇トレンドライン:安値及び高値が切り上がっている状態の時に引くラインのこと
  • 下降トレンドライン:高値及び安値が切り下がっている状態の時に引くラインのこと
上昇トレンドライン

安値及び高値が切り上がっている上昇トレンドライン

下降トレンドライン

高値及び安値が切り下がっている下降トレンドライン

オレンジ色の丸が高値を囲ったもので、赤色の丸が安値を囲ったものになります。


トレンドラインの引き方の注意点としましては、上記画像の左側のような安値及び高値が切り上がっていない(切り下がっていない)状態の時にはトレンドラインを引くべきではありません。
上記画像の右側のように直近高値を抜いたことでようやく、上昇のトレンドラインを引くことが出来ます。(下降トレンドラインの場合直近安値を割った場合に引くことが出来ます)

レジスタンスライン・サポートライン

レジスタンスライン・サポートライン

上昇後に反発して下落して付けた安値ラインを「サポートライン」と言います。書いて字の如くですが、サポートラインとはつまり、売り圧力により相場レートが下降してきてある価格水準で買いの圧力が優勢になる反発ラインのことです。サポートラインでは、相場レートは下げ止まり再度上昇していきます。

「レジスタンスライン」は、サポートラインとは逆で為替レートが上昇してある価格水準で売りの圧力が優勢になる反発ラインのことです。レジスタンスラインでは、相場レートは上げ止まり再度下降していきます。
上記画像のようにサポートラインやレジスタンスラインはトレーダー心理に大きく影響を与え、意識されるラインとなる。

トレンド転換のサイン

レジスタンスラインとサポートラインは、どちらのラインもトレーダーに意識される反発ポイントであり、意識されるがゆえにトレンド転換時には“転換サイン”が発生します。
それは、「ダブルトップ(ボトム)」や「ヘッド&ショルダートップ(ボトム)」といったようなチャートパターンです。

 

レジスタンスラインとサポートラインの転換

レジスタンスラインを高値、サポートラインを安値とお伝えしましたが、為替レートが変動することでレジスタンスラインがサポートラインに、サポートラインがレジスタンスラインへと転換することがあります。赤い丸のAとBの段階ではサポートラインですが、そのサポートラインを割ったオレンジ丸のCではサポートラインだったものがレジスタンスラインへと転換するということです。逆にレジスタンスラインがサポートラインへと転換する場合もあります。

レジスタンスラインとサポートラインに働く人間の心理

レジスタンスラインとサポートラインは、買い場、売り場、決済ポイント、損切りポイントが重なるポイントであると言えます。

ある人が、既に買いを持っていたとしましょう。既に買いを保有していた人にとってレジスタンスラインは決済ポイントとみる方もいるでしょう。また、レジスタンスラインがサポートラインに転換すると想定し買い増しをする方もいます。さらに、レジスタンスラインで反転すると予測し、売りを保有する人もでてきます。そして、売りを既に保有していた方であれば損切りポイントとして設定する人もいます。

というように、一つのレジスタンスラインでこれだけの人間の心理が発生します。ですから、売買取引が頻繁に行われることになり為替レートの進む方向性が決まると、勢いよくその方向へと進んでいきます。

キリの良い数字

例えば、ドル円の100円や110円、120円といったキリの良い価格の数字は、価格上昇や価格下落を止め、反発や反落になりやすい価格となっています。キリの良い数字の価格帯はレジスタンスラインやサポートラインとして作用しやすくなります。なぜか、人間の心理にキリの良い数字は作用し、皆が意識する数字となるからです。

今後、皆さんがキリの良い数字の価格帯で取引する際に抑えておくポイントとしましては、キリの良い数字から“少し外したところで売買する”ということです。例えば、1ドル=100円のキリの良い数字で買いを保有しようとするのであれば100.10銭で買いポジションを持つというように、キリの良い数字を少し外して売買をするということです。

なぜなら、他のトレーダーも意識するポイントですので、実際には価格はキリの良い数字まで下がらずに上昇してしまうということが発生するからです。キリの良い数字で取引しようと待ち構えていてもその価格まで到達せずに上昇や下落をすることはとても悔やまれることですので抑えておくといいでしょう。

チャネルライン

チャネルライン

チャネルラインとは、例えば上昇トレンドラインの場合安値同士を結ぶことで引くことが出来るラインですが、高値同士も結ぶことでチャネルラインとなります。チャネルラインを引くことで、高値同士結んだラインと安値同士を結んだラインの間を為替レートが変動していきます。

上昇トレンドの場合のチャネルラインの例図です。高値同士、安値同士を結ぶことでチャネルラインを引くことが出来ます。

チャネルラインをしっかり確認できるのであれば、チャネルラインを活用して取引することも可能です。
しかし、チャネルラインに到達した際に売買取引するのであれば、逆張りとなりますので損切りを徹底しなければ大きく損失を出しかねませんので注意してください。ですが、逆張りが成功することで利益を大きく伸ばすことが出来ます。

チャネルラインでも、水平ラインと同様にレジスタンスラインとサポートラインの役割を果たします。
安値同士を結んだトレンドラインがサポートラインだったものが、オレンジ丸のポイントでレジスタンスラインと転換して下落していきます。

チャネルをブレイクした際に転換となるオレンジ色のポイント(サポートラインからレジスタンスラインへと役割を転換したポイント)で売買することは、チャネル抜けした瞬間よりも優位なエントリーポイントとなりますし、本当に転換するポイントとなれば信頼度の高いエントリーポイントとなります。

初心者向けのラインを引くポイント

初心者向けのラインを引くポイント

FX経験が浅い方や、FXをこれから始めようとされる方であればラインをどこに引けばいいのか、「どこがレジスタンスラインなのかサポートラインなのかということがわからない」という方が多いと思います。

しかし、わからないからと言ってわからないままにするのではなく、ラインを引く練習をしなければいつまでも経ってもラインを引けるようにはなりません。

初心者の方はラインを引く練習方法として、まずは長期の時間足のチャート画面に水平ラインを引いてみましょう。長期の時間足のチャート画面で自分が見えている範囲で結構ですので、安値と高値に水平ラインを引いてみましょう。

一度ラインを引いてみて、引いた後に過去のチャートを見てみましょう。過去のチャートを確認することで高値安値に反応しているポイントが見つけられると思います。この練習を繰り返し行うことで、どういうポイントで反発しているか等を異なる時間足でも見つけることが出来るようになります。ですからまずは、長期の時間足で安値、高値にラインを引くことから始めましょう。(水平ラインでもトレンドラインでも結構です)

まとめ

まとめ

今回は、チャート分析の基礎となる「ライン」について解説しました。トレンドラインや、レジスタンスラインやサポートライン、チャネルラインを一通り使いこなせるようになれば、チャート分析が楽しくなりますし、それだけでもトレードで利益を上げることが出来るようになるでしょう。

ですから、ラインの引き方がわからない等とラインに対して敬遠せずに、まず自分が思うところで結構ですからラインを引くことから始めましょう。ラインを引くことで様々な発見をすることが出来ます。

ぜひ、ラインを引いてチャート分析をしてみてください。チャートの見え方が“ガラリ”と変わるはずです。

関連記事一覧