ハイレバレッジ

FXでのハイレバレッジは本当に危険なのか、メリットデメリットを解説

みなさんはFXでの取引の際、レバレッジはどうしていますか?レバレッジの低い国内口座を使って手堅く、レバレッジの高い海外口座を使って大胆にトレードをしているなど様々な方がいるかもしれません。

「ハイレバレッジ」と聞くと、危険であると思う人もいるかもしれません。しかし、本当にFXでハイレバレッジは危険なのでしょうか。私自身は、使い方次第で、効率よく資金を増やす手段にもなったり、危険でリスクの大きい手段になってしまうと感じています。

今回はその「ハイレバレッジ」でするFXの、メリットやデメリット、注意点などを解説していきます。

FXでのハイレバ:レバレッジとは

FXでのハイレバ:レバレッジとは

FXにおけるレバレッジとは、簡単に言うと「小さな資金で大きな資金を動かすことのできる」ことを意味しています。

例を紹介すると、
レバレッジ0倍で、1ドル100円の米ドルを1,000通貨買うとすると、
100円×1,000通貨=100,000円の証拠金が必要となります。
レバレッジ100倍で、1ドル100円の米ドルを1,000通貨買うとすると、
100円×1,000通貨÷100=1,000円の証拠金が必要となります。

この例の場合は、100倍のレバレッジをかけることで、レバレッジをかけなかった場合と比べると、1/100の証拠金で取引が可能であるということが分かります。このように、FXでレバレッジをかけると、小さな資金で大きな資金を動かすことができてしまうのです。

国内のFX業者では、今は最高25倍のレバレッジをかけることができます。また、海外のFX業者では、1000倍ものレバレッジをかけることのできる業者もあります。また、業者によってはレバレッジの調節が可能である業者もあります。

FXでのハイレバ:メリット

FXでのハイレバ:メリット

では、ハイレバレッジでの取引にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
私が思うハイレバレッジのメリットとは、

  • 1回のトレードの必要資金が少額で済む
  • 効率よく資金を増やすことができる

ことであると考えています。

1回のトレードの必要資金が少額で済む

レバレッジをかけることで、トレードにかける必要証拠金が少額で済みます。

例えば、
A:証拠金1000万円、レバレッジ1倍(なし)
B:証拠金10万円、レバレッジ100倍

A B
レバレッジ 1倍 100倍
証拠金 1000万円 10万円
1円の動きに対する損益 1万円 1万円
1,000通貨取引に必要な
最低資金
10万円 1000円

上の表を見てもらうと、ハイレバレッジだと、10万円の証拠金でも1000万円持っているのと同じようなトレードができる上に、資金は1000円で始めることができる計算となります。

FXの損益は、最終的にロット数で決まります。そのため、同じ通貨数の取引であれば、損益も同じであるため、ロットの調整を行えば、多大な損が出ることもありません。そして、証拠金が少なければ、次のチャンスにもまたトレードすることができるので、1つのトレードに頼ることなく、リスク分散になると言えます。

効率よく資金を増やすことができる

上の表を見てもらうと、証拠金は1000万円と10万円で大きな差があるのに、1円の動きに対する損益はどちらも1万円となっています。このように、ハイレバレッジをかけると、少ない資金からでも大きく利益を取りに行くことができ、効率よくお金を増やすことができると言えます。

しかし、その分自分の予想と逆にいってしまった場合には、損失も大きくなります。相場の変動の大きい時を避けたり、ロット数を調節したり、損切りをしっかり置くなどして、できるだけ損を小さくできるように気を付けましょう。

FXでのハイレバ:デメリット

FXでのハイレバ:デメリット

では、反対にハイレバレッジでのデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。私が思うハイレバレッジのデメリットとは、

  • ロット数を多くすると大きな損失を出してしまうことがある

ことであると考えています。

ロット数を多くすると大きな損失を出してしまうことがある

FXにおける損益は、ロット数によって決まります。ロット数を小さくすれば損益は小さくなり、ロット数を多くすれば損益は大きくなります。ロット数をはればはるほど、ハイリスクハイリターンの投資になります。

例えば、
1ロットが1万通貨分の場合、1円の動きがあった場合には1万円の損益が発生します。
ドル円が100円→110円まで上昇し、10円分取れたとすると、
1ロット:1ロット×1万円通貨×10円=10万円の利益
10ロット:10ロット×1万円通貨×10円=100万円の利益
となり、10倍にロットを増やせば、損益も10倍になってしまうという仕組みです。

※1ロットの通貨数は、FX業者によって異なります。

このように、大きくロットを張って勝負に出てしまうと、大きく損失を出してしまうというデメリットもあります。しかし、これは「資金管理」をしっかりして、自分の資金状態に合わせたロット数に設定することで防げることでもあります。

FXでのハイレバ:FX口座の選び方

FXでのハイレバ:FX口座の選び方

ハイレバレッジを利用してFXを始めたいと思った方は、海外のFX口座を使うのが良いと思います。その理由として、日本のFX口座は、最大レバレッジが25倍までと定められています。その上、追証といって、口座にある証拠金以上の損失が発生した場合に、口座に追加でお金を入れなければならないことがありますので、日本の口座でレバレッジをかけることはリスクも伴います。

対して、海外のFX口座を利用すると、基本的にゼロカットシステムを採用しており、追証はないため、投資金以上のお金を失うことはないと言えます。大きな経済状況の変化や、大きな災害などが起きると、急激な相場変化がありますので、ロスカットがうまく作用せずに、口座分がマイナスになってしまうこともありますが、海外FXですと、そのマイナス分は負担しなくても良いので、心強いかと思います。

FXでのハイレバ:注意点

FXでのハイレバ:注意点

FXのハイレバを便利なものとして利用するには、「損切り」を必ずおくようにして、生命線を絶たないようにしましょう。

「損切り」は、チャートを見っぱなしで、損のところまできたらポジションを切る、というやり方ではなくて、先に損切りの場所に逆指値を入れておくようにしましょう。

MT4での逆指値の入れ方としては、

トレードを開始します。

チャート画面から、赤丸の部分の「トレード」を押すと、下記の画面となります。

ポジション欄を、右から左へスライドさせます。すると、チェックマークが出てきますので、チェックマークを押します。

  

損切りは「ストップロス」利確は「テイクプロフィット」の欄に数位を入力します。オレンジのClose with Profitのボタンを押すと、作業は完了です。

この作業を、エントリーしてすぐに行うことで、チャートから目を離しておけますし、ルールを変えて損切りを守らないなんてことも少なくなります。

FXでハイレバ:まとめ

FXでハイレバ:まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、「ハイレバレッジ=危険」だけであるというイメージを払拭することができた方もいるのではないでしょうか。

レバレッジは、使い方次第で良くも悪くもなります。ロット数に気を付けて、資金管理と損切りを徹底して、たくさん取引を経験していきましょう。

関連記事一覧