FXの元手資金

FXはいくらから始めることが出来るのか。元手資金はどの程度必要か?

FXをいざ始めようと思っても元手の資金をいくらから始めればいいのか、いくら用意しなければいけないのか。と多くの方が疑問に思われるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、数千円の小額元手資金からFXを始めることが出来ます。しかし、小額で始めたのはいいけれど、訳が分からないまま資金を全て無くすという方が多いように感じます。そこで今回は、小額の元手資金から始めるために必要な知識についてお伝えします。

FXは少額だといくらから始めることが出来るのか

FXは少額だといくらから始めることが出来るのか

FXは小額で始めることが出来るとお伝えしましたが、実際の金額はいくらなのでしょうか。具体的な数字を算出して解説していきたいと思います。

例:ドル円通貨ペア 1ドル=100円 レバレッジは国内最大の25倍で取引

上記条件で取引する場合
1通貨単位取引
 100円×1通貨単位÷25倍=4円
1,000通貨単位取引
 100円×1,000通貨単位÷25倍=4,000円
10,000通貨単位取引
 100円×10,000通貨単位÷25倍=40,000円
※1通貨単位取引可能業者:SBIネオモバイル証券

  1通貨単位 1,000通貨単位 10,000通貨単位
取引最小金額 4円 4,000円 40,000円

条件が整えば4円から取引を始められるということで、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。FXを始める元手資金のハードルは、皆さんが考えている程高くはないと思います。

1通貨単位で取引をすると、数円から取引できることがわかりました。では、実際に1通貨単位で取引すると、どのような動きで損益が発生するのか気になりませんか?そこで、1通貨単位で取引した場合の損益計算をしてみました。

1通貨単位取引 ドル円通貨ペア
10pips(10銭=0.1円)動いた場合
 1通貨単位×0.1円=0.1円
100pips(100銭=1円)動いた場合
 1通貨単位×1円=1円
1,000pips(1,000銭=10円)動いた場合
 1通貨単位×10円=10円
となります。

1通貨単位で取引した場合1円の利益を得るためには、100銭(1円)分の値動きを獲得しないといけないということです。ちなみに、ドル円通貨ペアの1日の平均ボラリティ(平均値幅)は約40pipsです。(2019年12月算出)

平均ボラリティから考えると、ドル円は1日40pips程度の値幅であるので短期間で100pips獲得するのは至難の技ですよね。ですから、1通貨単位で取引することは損失を抑えることが出来ますが、利益を発生させることは難しく、ローリスクローリターンであることがわかります。

FXを始める最低元手金額

FXを始める最低元手金額

上記で1通貨単位であれば数円から取引が出来るということを理解いただけたと同時に、1円の利益を発生させる難しさもご理解いただけたと思います。ここで重要なことは、「あなたは数円の利益のためにFXをやるのか」ということです。

FXを始める目的は「お金を増やす」ということだと思います。そのお金を増やす金額は人それぞれ異なりますが、それぞれの方がいくら増やしたいのかで元手資金を計算するといいと思います。では、2つのパターンで計算してみましょう。

  • 月1万円儲けたい
  • 月10万円儲けたい

FXは平日5日間取引が可能ですから、取引日数月20日間(5日間×4週)また、ドル=100円、レバレッジ25倍、10,000通貨単位、1日平均10pips獲得できる手法を用いる条件で取引とします。

月1万円儲けたい方

目標1万円÷20日間=1日/500円

となり、1日500円利益を出すことが出来れば月1万円の目標金額達成となります。さらに、1日500円の利益を出すには、

1日500円10,000通貨単位=0.05ロット
0.05ロットの証拠金は、
10,000通貨単位×0.05ロット÷100円=
2,000円

私は証拠金維持率が500%以上ある状態の取引が望ましいと考えますので、今回は500%で計算とします。

証拠金2,000円×証拠金維持率500%=10,000円

ですから、月1万円の利益を出す元手資金として、1万円用意すればいいということになります。(取引条件が今回と同条件であればになります)

月10万円儲けたい方(月1万円と同条件)

目標10万円÷20日間=1日/5,000円

となり、1日5,000円利益を出すことが出来れば月10万円の目標金額達成となります。さらに、1日5,000円の利益を出すには、

1日5,000円÷10,000通貨単位=0.5ロット
0.5ロットの証拠金は、
10,000通貨単位×0.5ロット÷100円=
20,000円
20,000円×証拠金維持率500%=
100,000円

ですから、月10万円の利益を出す元手資金として、10万円で可能ということになります。(取引条件が今回と同条件であればになります)

※あくまでも1日10pips獲得できるという元の計算で算出。また、今回の元手資金の計算は最低資金の計算であり、実際では余裕のある元手資金を準備して取引することをおすすめいたします。

小額元手資金から始めるメリット・デメリット

小額元手資金から始めるメリット・デメリット

メリット

  • サラリーマンや主婦の方のお小遣い金額から始めることが出来る
  • 損失を抑えることが出来る
  • 小額なので1つの通貨ペアに集中して取引出来る

デメリット

  • 元手資金が少額だと利益も小さいので気持ちが入らない

メリット

サラリーマンや主婦の方のお小遣い金額から始めることが出来る

サラリーマンの月平均な小遣い金額は約4万円程度と言われています。

その小遣い金額のうちの一部の金額でFXを取引できることはかなりのメリットといえます。そして、サラリーマンの方や主婦の方のお小遣いがFXで利益を出すことで1万でも2万でも増やすことが出来るとかなり余裕が出ますよね。

損失を抑えることが出来る

お小遣い範囲の金額や小額の入金であれば、仮に損失が発生したとしても入金額分の損失で抑えることが出来ます。

※為替レートの急激な変動で入金額以上の損失が発生する可能性もあります。但し、ロスカットや、損切り、追証なし等条件で異なります。

小額なので1つの通貨ペアに集中して取引できる

小額元手資金の取引の場合、元手資金が少ないので保有ポジションを多くすることは難しいです。そのため、1つの通貨ペアに集中することが出来ますし、またエントリーポイントを見極めて判断しようとしやすいです。

そうすることで、むやみやたらな取引は減り、損失が抑えられ、チャートをより分析するのでトレードが上達していきます。しかし、元手資金が小額の場合“ナンピン“や”買い増し・売り増し“のポイントでのポジションを保有できないことでチャンスを逃すことがあります。

デメリット

元手資金が少額だと利益も小さいので気持ちが入らない

元手資金が少額の取引をして利益を発生させたとしても利益の金額は少ないことがあります。利益の金額が少ないと、「無くなってもいいや」「1発ドカンとギャンブルしようかな」というような感情になってしますので「資金を増やす」目的からそれてしまい無駄にお金を減らす原因になる可能性があります。

ですから、緊張感のある金額でストレスがかかり過ぎない金額のトレードをおすすめします。

ストレスがかからないトレーダーになる

元手資金を小額から始めて資金を増やしていくには「損切り」が必須になると考えます。

「損切り」とは、保有ポジションの損失を確定させることで、「損切り」をする理由としては、損失を限定し次のチャンスに繋げるためです。人間は欲の塊ですから、為替レートが予測とは逆方向に進んだ時に「いつか戻るだろう」「そろそろ戻るだろう」と自分の都合のいいように考えてしまう生き物なのです。

また、FXをやる目的は「資金を増やすこと」ですが損切りは、「損失を確定させること」ですから目的に反した行為となりますので損切りはストレスのかかることなのです。しかし、損切りが出来ないと1度の損失で全てを失った場合には、もう入金する以外に新規取引を行うことは出来ません。FXをやる目的である「資金を増やす」ということは1度の取引で資金を増やすことではなくトータルで資金が増えればいいのです。ですから、損切りが出来るトレーダーになる必要があります。

損切りが出来るようになるには、自分が損切りできる金額で取引する必要があります。千円なのか五千円なのか別の金額なのかは人それぞれ異なりますが、自分の損切りできる金額を見つけましょう。損切りできる金額を見つけることで、ストレスなくトレードをして利益を上げるトレーダーになれるでしょう。

損切が出来るメンタルを持つ

FXは結局のところ1人の勝負になると思うのですが、トレーダーの友人や知り合いを持つことで感情の共有ができ、メンタルの切替えが早くなります。リアルに細かく話せる方がいればベストかもしれませんが、近くにいない場合は、SNS等で考え方が似ている方や共感を持てる方をフォローするなどもいいと思います。そうすることで損切りをした時に気が紛れます。

また、トレードに感情が入り過ぎる場合は、一旦取引をしないということも大切です。気持ちが入りすぎてしまい冷静ではないトレードをして損失を出すくらいであれば、トレードをせずに、資金を減らさないということも大切です。そうして冷静さを取り戻すことで、損切りが出来るメンタルを保つことが出来るでしょう。

まとめ

まとめ

FXの元手資金は1通貨単位で取引できる業者を選択すれば、1,000円程度の金額があれば取引出来ます。しかし、その場合1円分(100pips)の値幅を獲得してようやく利益が1円発生します。なので、自分が儲けたい金額を設定し、元手資金を計算するのが良いでしょう。

また、初心者の方が利益を出すために、レバレッジを大きくかけて取引するためには、「損切り」を徹底して行えるメンタルをもって取引しましょう。やはり、目的は「資金を増やす」ことなので、レバレッジを大きくかけて増やしていくことも1つの手でありますが、資金を無くしてしまってはレバレッジを大きくかける意味がありませんので覚えておいてください。

元手資金が例えば1万円でスタートして、月々1万円利益を出し続けることが出来れば年間12万円の利益です。1万円から副業を始めることが出来ますし、FXの利益は青天井なので夢があります。ぜひ、これからFXを始めて見てはいかがでしょうか。

関連記事一覧