バイナリ―オプションの資金管理ルール

バイナリーオプションの資金管理ルール

皆さんはどのような「ルール」で資金管理をしていますか?

FXでも同じことが言えますが、いかに高い勝率を維持していても資金管理ができないと資金を増やすことはできません。また投資全般に言えることですが、1度の損失からメンタルを崩壊させ、投資に充てた金額を全損することも珍しくありません。1日24時間という時間の中のたった数時間での損失に耐えられないようになっています。

頭では「最終的に勝てればいい」とわかってはいても感情がそれを邪魔し、冷静さを保つことが出来ないのです。ただし、自分の定めた「ルール」通りの行動をとった結果の損失であれば、いくらかメンタル維持ができます。

では、メンタルを保つためにはどのような資金管理が必要なのかについて私が実践している資金管理の「ルール」と共にお伝えさせていただきます。

バイナリーオプション:資金管理ルール

バイナリーオプション:資金管理ルール

私が実際に資金管理の「ルール」としている3つのことをお伝えします。

  1. ベット金額は一定
  2. ベット金額を大幅に上げない
  3. ベット金額を下げない

①ベット金額は一定

私は、口座残高の5%の金額をベット金額とする5%ルールを使用しています。なぜなら、口座残高の5%ルールだと勝ち続けているときの資金は複利で大幅に増やすことがで出来るからです。

しかし、勝率が安定していない取引状態で口座残高の5%ルールをやると、資金を増やすことは難しいので注意が必要です。

全損しないためにも口座残高の5%の金額をベットすることで、自分の資金を守ることが出来ます。ですが、残高が少ない状態での5%ベットの場合トレードで勝ってもなかなか資金が増えていかないのでストレスになります。なかなか増えない口座残高に嫌気がさしてしまい一気にベット額をあげた結果全てを失うということは容易に想像できます。実際に、私自身がバイナリーオプションを始めた頃にこの失敗を経験した苦い思い出があります。

なので、まずは自分に合った金額見つけましょう。金額は個人によって異なりますが、口座残高の5%の金額で取引をして利益が発生した場合に納得できる金額であるか、口座残高の5%の金額で取引した方向とは逆の方向に動いたとしても冷静さを保つことが出来る金額かどうか、を自分で見つけ出しましょう。

②ベット金額を大幅に上げない

トレードの結果は中長期的に見ていかなければなりません。

例えば、昨日予測が全て当たり大幅に資金を増やすことができたとしましょう。しかし、次の日は前日とは異なる相場状況ですので昨日と同じ結果が続くとは限らないのです。相場状況は異なるにもかかわらず、次の日にいい気になっていきなり倍のベット額でエントリーをした結果、大損してしまい昨日の利益が無くなっては全く意味がありません。それは、資金を増やしたいのではなく、ドキドキを味わいたいと目的が変わってしまっているのです。

ベット金額を上げるタイミングは「勝った」「負けた」という感情ではなく、この形に自信があるからベット金額を上げるというような期待値のある状態でベット金額を上げましょう。さらに、一気にベット金額を上げるのではなく上げる金額の根拠を元に金額設定をしましょう。

③ベット金額を下げない

ベット金額を下げないというのは、戦略的に下げるのであれば良いのですが、弱気になって「負けたくない」等の理由で下げるのであれば「資金を増やす」という目的から「資金を減らしたくない」という目的になってしまい、いつまで経っても勝ちトレーダーにはなれません。

人は負けが続くと一気にベット額を上げて取り返そうとする人ベット額を下げて立て直しを図ろうとする人がいます。結論から言うと、どちらも資金を増やすことは難しいでしょう。

なぜなら、ベット金額を一気に上げて大きく利益が出るということもありますがそれは”たまたま”であり長くは続かないからです。100%勝ち続けるということはほぼ不可能です。

また、ベット金額を下げて立て直しを図った結果、勝率が安定してきても資金は増えていきません。それどころか、少ないベット額のトレードに慣れてしまい、今度はベット額を上げるのが怖くなってしまうのです。ベット額を上げて資金を増やしていかなければと頭ではわかっているのですが、恐怖心はなかなか拭い切れないものなのです。

そのため、もしベット金額を下げるときには、ベット金額を下げる目的を考えてみて下さい。

バイナリーオプション: 資金管理を身につける方法

バイナリーオプション: 資金管理を身につける方法

バイナリーオプションもFXも資金管理を身につける方法は様々あると思います。

そんな中で私がオススメする方法は、バックテストやデモ口座を使用して資金管理を身につける方法です。バックテストやデモ口座は取引業者の特徴を掴むことが出来、手法の確認もでき、さらに、実際の損益金額が目で見て確認することが出来るのでぜひ活用しましょう。

バックテストやデモ口座で負けようと実際に自分の資金が減ることはありません。何度でも修正することが出来るのでおすすめです。

バイナリーオプション: メンタルを鍛える

バイナリーオプション: メンタルを鍛える

上記でお伝えした、資金管理についていくら理解しようと、自分のメンタルが弱いと資金管理ルールを守ることは出来ません。しかし、メンタルを鍛えるといってもどうすればいいかわからないと思います。

バイナリーオプションで言えることは、エントリーした以上「勝ち」「負け」の結果が出ます。その結果が、仮に「負け」だとしても「結果については悩んでも変わらない」ので気持ちの切り替えを早くするべきです。そして、自分に自信のあるエントリーポイントでエントリーしましょう。

根拠のない適当エントリーだと「なぜここでエントリーしたのだろう」とくよくよしてしまう原因になります。また、失敗した時の事を考えず、リスクを恐れず※にエントリーしましょう。自信のあるエントリーポイントでエントリーして仮に負けたとしても負けた原因を考え復習することで次に繋がります。
※ここでいうリスクを恐れずというのは、ギャンブルトレードのような一気にベット金額を上げたり、連打したりすることではなく、マイルールでトレードをして損失を受け入れることです。

バイナリーオプション: まとめ

バイナリーオプション: まとめ

今回は、バイナリーオプションの資金管理についてお伝えしました。

資金管理がしっかりと行えるようにならないと勝ち続けることは難しいと思います。勝った負けたでトレードするのではなくどんな資金管理のルールを決めると勝てるのか、自分に合っているのかを考えていくとよりバイナリーオプションが楽しくなると思いますし、上達スピードも速いです。

また、あまり口座残高を意識しすぎないようにするのもいいかもしれません。口座残高はあくまで「ただの数字」であり現実の「お金」と関連づけをしないようにするのも資金管理とメンタル管理が正常に行えるようになると思います。

関連記事一覧