FXで失敗しない3つの方法

FXで失敗しないための3つの方法とは

FXは、9割の人が負ける世界であると言われています。
では、失敗しない人たちはなぜ失敗しないのでしょうか。そこには失敗しないための3つの共通点があります。

FXで失敗しない方法:ルールを決める

FXで失敗しない方法:ルールを決める

FXは、ギャンブルではなく投資です。
自分のお金をかけて投資をするのに、なんとなくで「売り」「買い」を決めてしまうことはしないようにしましょう。

ここでいう「ルールを決める」というのは、エントリーする時や損切りや利確を行う時に、「どうしてそうするのか」という根拠を自分の中に持つことをいいます。きちんとした根拠と、トレード回数を重ねていくことで、改善点や自分の得意なパターンなども見つけることができるようになります。

しかし、FXの初心者の方には、「ルールを決める」といっても、どんなルールを作れば良いのか分からない方が多いかと思います。
最低限として、以下のことは、トレード前に決めておきましょう。

  • ロット数の上限
  • 利確と損切りの基準
  • エントリーの基準

ロット数の上限

FXを続けるには、資金管理がとても重要になってきます。

本来、余剰資金で投資として行うことなので、負けてしまっても、次にチャンスが来た時にエントリーができるように、自分の資金の状況に合わせたロット数でトレードするようにしましょう。

利確と損切りの基準

利確と損切りは、エントリー前にきちんと決めておくようにしましょう。決めておかないと、「まだ利益が伸びるかもしれない」「含み損になっているけど、戻るかもしれない」などといった感情が出てきてしまった時に、なかなか利確や損切りに踏み出せないということが起こってしまいます。

感情が出てきてしまうと、ルールを守ることが難しくなってしまうため、トレードに一喜一憂せずにきちんと利益を出し続けられるようにも、利確と損切りの基準は徹底して守るようにしましょう。

エントリーの基準

エントリーには、必ず「根拠」が必要となってきます。

この「根拠」というのは、必ずしも毎回同じではなく、自分の見ているチャートパターンや分析などを元に決めるのが良いかと思います。FX初心者には、ハーモニックパターンやN理論など、分かりやすいテクニカル分析が向いています。

FXで失敗しない方法:損切りを徹底する

FXで失敗しない方法:損切りを徹底する

損切りは、いわゆる「失敗や負けを認める」ということになりますので、人にとってストレスがかかる行為になります。

しかし、FXは勝率が全てではなく、かしこく負けることも必要となってきます。勝率が悪くても、トータルで利益を出すことが「FXで勝つ」ということです。

損切りをするにあたって、一番良いと言われるのは手法に合わせて根拠を持って損切りを決めることであると言えます。しかし、手法に合う合わないがあるように、損切りの仕方にも合う合わないがありますので、最初は固定のpips数で損切りの基準を決めても良いでしょう。まずは、感情に流されずに、きちんと損切りを徹底するクセをつけていきましょう。

FXで失敗しない方法:少額から始める

FXで失敗しない方法:少額から始める

FX初心者にとって、いきなり大きく負けて資金を失くすことは、あってはいけないことであると言えます。そうなってしまうと、FXはギャンブル的なものになってしまい、お金をなくす怖いものというイメージがついてしまいます。

FXを少額で始めるには、レバレッジが高く、入金0で始められる数万円ボーナスがつく海外FX口座を使用するという方法があります。海外FX口座は、ゼロカットシステムを導入していることも多いので、投資金以上の金額を失くしたくないという方にはぴったりであると言えます。

口座開設がまだの方は、以下の記事を参考にして、FXの口座開設から始めてみましょう。

まとめ

まとめ

今回は、FXで失敗しないために大切なことをお伝えしました。

何よりも大切なのは、「自分で決めたルールを守る」ことです。そして、ルールは勝つために守るものなので、常に改善していくべきことでもあります。ここで注意したいのが、取引中にルールを改善したり変更したりせず、トレード回数を重ねて改善の必要があると感じた時に改善するようにしましょう。

自分に合ったルールやトレードとの向き合い方を見つけることで、FXで負けないことや利益を出すコツなどが段々と見えてきます。トレード回数を重ねて、勝てるトレーダーになりましょう。

関連記事一覧