順張り逆張り

FXでの順張り逆張りのメリットデメリット

FXを始めると「順張り」「逆張り」という言葉をよく見かけるのではないでしょうか。

FXの基本的な言葉であり、自身の戦略立ての際に「順張り」「逆張り」のどちらを基本トレードにするのかで手法も変わってくると思います。今回は、「順張り」「逆張り」の基本的なことや、メリットデメリットをお伝えします。

順張り・逆張りとは

順張り・逆張りとは

  • 順張り・・・トレンドの方向に従いポジションを保有する売買の事
  • 逆張り・・・トレンドと反対方向にポジションを保有する売買の事

順張りの場合トレンドの方向に従いポジションを保有するのでトレンドが継続する限り、利益が膨らんでいきます。逆張りの場合、トレンドが転換するポイントでポジションを保有することで利益を上げることが出来ます。

順張り・逆張りのメリットデメリット

順張り・逆張りのメリットデメリット

順張り

メリット

  • トレンドが長期継続することで大きな利益を生み出す
  • 多くの場面で使用することが出来る

デメリット

  • 損切り幅が大きくなる場合がある

上記画像は、上昇トレンドの順張りエントリーポイントや損切りの一例です。

赤い丸で買いポジションを保有するとします。順張りメリットの、上昇トレンドが継続するのであれば、ABCDどのポジションで保有しても利益は膨らんでいきます。買い増しのポイントも分かりやすいです。

しかし、順張りデメリットである、利確よりも損切りの幅の方が大きくなる可能性があります。

逆張り

メリット

  • 短期売買に有効
  • 損切り幅を小さく設定できる

デメリット

  • 損切りが出来ない人には向かない

上記画像は、上昇トレンドの逆張りエントリーポイントや損切りの一例です。

赤い丸がエントリーポイントであり、売買ポジションを保有するとします。逆張りメリットである、赤丸で短期売買が出来ます。また、損切り幅をエントリーポイントのすぐそばに置くことで損切りが小さく抑えることが出来ます。さらに、戦略的なナンピンをすることで逆張りが非常に有利になります。

しかし、逆張りデメリットの損切りが出来ないと、資金を大きく失う原因となります。「もう上がるだろう」「今が買い時だ売り時だ」などと思い込みをしてしまうと一度の取引で全ての資金が無くなるので損切りが徹底できない方にはおすすめしません。

順張り逆張りの使い分け

順張り逆張りの使い分け

私がおすすめする順張り逆張りの使い分けとして、トレーダーがチャートを見れる時間の長さで使い分けをするといいとでしょう。つまり、兼業トレーダーの方でチャートを見れる時間が少ない方であれば、取引回数がそもそも少なくなるので長期足を使用し、順張りでトレンド方向を掴むことが出来ればチャートを見ていない時間に利益を伸ばすことが出来ます。

対して、チャートを頻繁に確認できる方であれば、短期足を使用して反転ポイントを探し出すことが出来れば逆張りで取引回数を増やし、利益を積み上げていくことが出来ます。
つまり、FXに使える時間が少ない方は順張り
    FXに使える時間が長い方は逆張り
 が合うといえます。

これは、取引日によって使い分けをしてもいいです。例えば、取引時間を長く確保できる日は逆張り、取引時間を確保できない日は順張りとするなどもいいでしょう。

まとめ

まとめ

今回は、「順張り」「逆張り」についてお伝えさせていただきました。

もちろん、どちらの方法も身につけることでより多くの利益を上げれるようになります。しかし、初めからどちらもできる人はいないと思いますので、初心者の方は「順張り」から勉強、練習し身につけていくことがおすすめです。

なぜなら、逆張りの場合損切りが出来ないと1度の取引で資金を無くしてしまう可能性もあるからです。損切は、初めの頃はなかなか出来ないものです。損切りせずに、「保有していればいずれ戻ってくるだろう」と根拠もないのにいいように考えてしまうことで、むやみやたらに資金を減らします。順張りで損切や利確を身につけて、メンタルを鍛えてから逆張りを身につけても遅くはありませんので「順張り」から覚えることをおすすめいたします。

関連記事一覧