FXで負ける理由

FXで負ける理由とは

「資産運用が必要」と言われる世の中の現状で”FXをやってみよう”と思われる方は多いのではないでしょうか。その理由として、小額から始められることや手軽に始めることが出来るということが挙げられると思います。

しかし、「FX」と検索すると、「FXは負ける」や「FXは怖い」という悪い印象の記事を見かけ、FXを始める1歩を踏み出せないでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、1歩を踏み出せないでいる方に向けて、なぜ多くの方がFXで負けるのかということについてお伝えさせていただきます。

FXは9割負ける

FXは9割負ける

FXをしているトレーダーの約9割が、負けてFXをやめていくと言われています。

FXは上がる(買い)か下がる(売り)かを予測して取引します。ですから、常に上がる(買い)を予測し取引することで最終的に50%の勝率に収まってくるはずです。勝率は50%のはずなのに、約9割のトレーダーが負けFXをやめてしまうのはなぜでしょうか。

結論から言うと、人間の欲があるから負けてしまいFXをやめてしまうのです。
完全に勝率50%で同じ金額での取引だと、トータル損益は̟±0になりますよね。しかし、みなさんFXをやる目的は利益を出すことだと思います。ですから、勝率50%(損益±0)では納得いかないのです。欲が出ますよね。

極端な話、1円でも利益が出れば勝ちですが、1円じゃ満足できないのが人間です。さらに、FXは上がるか下がるかの2択なので、適当に取引をしても大きな利益を上げることがあります。そうなると、いい記憶(適当にやっても勝てる)だけが残り、出た利益金額分を使用しむやみやたらと損失を出し、結果手元資金が無くなり「FXは怖い」「FXは負ける」となり、FXをやめてしまうのです。

FXで退場しないために

損切りを徹底

FXで退場しないためには、損切りを徹底しましょう。

損切とは、保有ポジションが損失が発生している状態の時にその損失を確定させることです。例えば、買いポジションを保有した際に価格が逆行し、△1万円を確定させることが損切りと言います。

FXは自分で損切の価格を定めることが可能です。人それぞれお金の価値が違うので1万円負けるのが嫌な方もいれば、10万円まで損失を許容できる人もいるでしょう。トレーダーによって損切りの設定金額は異なりますが、トレーダーの許容できる損失金額を超えるとストレスとなり、取り返さないとという気持ちが働くことで「FXは負ける」「FXは怖い」となりFXの世界から退場となるのです。

退場とならないために、損切りの設定金額を徹底し、自分の身を守りましょう。損切りには、「自分の精神を冷静に保つ」効果と、「チャンスを掴むために資金を守る」という効果があります。FXで欲を抑え勝ち逃げするために重要なことです。

FXで勝つために

FXで勝つために

FXの勝率を100%にすることはまず不可能なことです。では、FXで勝つためにはどうすればいいのかというと、「損失を受入れ、次に繋げる」ということです。

FXでは、勝つ時も負ける時も必ずやってきます。そこで、損失が受け入れられるか受け入れられないかで大きく変わってきます。受け入れられる人も受け入れられない人もどちらも同じ損失が発生しているのですが、長期的に見ると大きく差が出てきます。損失を受け入れられる人は損失が発生し続けますが、利益を発生させ続けることも可能なのです。

人間の欲が負ける原因とお伝えしてきましたが、損失を受け入れられない人は、欲に負け損切りが出来ません。どういうことかというと、自分の予測に反し価格が逆行した際に、「いずれ保有ポジションの価格まで戻るだろう」「この辺から上がる予測が出来る」など自分の都合のいいように考えてしまい損切りが出来ないということです。資金を増やすという目的を見失った「負けたくない」といった偏った欲が発生し勝つための意欲(勉強や練習)が無くなってしまうのです。

まとめ

まとめ

FXで負ける理由についてお伝えしてきました。では、勝つためには何をすればいいのかというと、簡単にお伝えすると「資金を増やす」という目的を見失わないことです。極端な話、勝率が1勝9敗であったとしても資金が増えていればいいのです。

ですから、「損失を減らし、利益を伸ばす」ということが重要です。どこでエントリーすれば損失が少なく、利益を伸ばせるのか。ということを考えマイルールを作成することであなたのトレードはより良いものとなります。詳しく知りたい方は、エントリーポイントや損切りと利確についても解説しています。

約9割が負けるFXの世界であなたも勝ち組の1割になりませんか。

関連記事一覧