FX初心者のチャート分析について

FXでのチャート分析について

FXを始める上で必ず見ることになるのがチャート画面です。FX初心者の方はチャート画面を見ても訳の分からないものだと思います。また、FX経験者であってもチャート画面を見て今後為替レートはこう動くという未来予測を完璧に立てることは難しいものです。

しかし、チャート分析を行うことで取引を優位的に行うことが出来ます。今回はチャート分析の基本的な見方についてお伝えさせていただきます。

チャートの種類

チャートの種類

チャートの種類は3種類あります。

  • バーチャート
  • ローソク足
  • ラインチャート

ここでは、MetaTrader社から出ているプラットフォームを使用して解説していきます。
チャートの種類を変更するにはMetaTrader起動後画面上部のボタンを選択することでチャートの種類を変更することが可能です。

赤丸で囲ってある場所でチャートの種類が変更可能です。

バーチャート

バーチャートからはローソク足と同様に4つの為替レート情報を読み取ることが出来ます。ローソク足と同じく、「 始値・終値・高値・安値 」の4つです。

ローソク足

ローソク足からは、4つの為替レート情報を読み取ることが出来ます。それは、「始値・終値・高値・安値」の4つです。

ラインチャート

ラインチャートからは、1つの為替レート情報のみ読み取ることが出来ます。それは、「終値」の1つです。ラインチャートは時間足の終値を結んだライン表示方法になります。

チャートの見方

チャートの見方

チャート画面に出現する形(トレンド)には3種類あります。

  • 上昇トレンド :安値高値が連続して切りあがっている状態
  • レンジ    : 安値高値が切り上がりも切り下がりもしていない状態
  • 下降トレンド :安値高値が連続して切り下がっている状態

の3種類です。

チャートの分析方法

チャートの分析方法

チャートの分析方法は星の数ほどありますが、その分析方法の中から、今回は基本的なチャートの分析方法をお伝えさせていただきます。

チャートは人間の心理を映し出したものです。どういうことかというと、ある通貨ペアの為替レートが上がると思う方が多くいることで為替レートは上昇しますし、下がると思う方が多くいると為替レートは下がるのです。ですから、大勢の方が買いたいポイントもしくは売りたいポイントを探し出すことが出来れば為替レートは自分の予測した通りの動きをしてくれますし、勝つこと(利益を出すこと)が出来るのです。

上記画像は、1日足のチャート画面です。画像上部のオレンジ色の水平ラインに3度跳ね返されてその後為替レートが下落していることがわかると思います。

このように、オレンジ色の水平ラインの価格帯で売りたい人が多いので何度も跳ね返って為替レートが下落しているのです。この分析方法は単純ですが、世界中で見ている方が多くいればとても有効な分析方法となります。なので、短期足よりも長期足(4時間足や日足)の時間足での跳ね返っている価格帯に水平ラインを引っ張ってみることで売買の参考にすることが出来ます。

まとめ

まとめ

FXを嫌になったり、やめていったりする方から「チャート分析の方法がわからない」という声を何度か耳にしたことがあります。

しかし、チャートは人間が作り出している物であり上記でお伝えしたような水平ラインで跳ね返りを予測しその通りになると気持ちのいいものです。そして、利益も乗っかってくるので更に楽しいものになります。

チャートの分析方法がわからないということで投げ出さず、わかるようになろうとすることでチャートの画面が見えるようになってくるのではないでしょうか。ぜひ、チャート分析が楽しいものと思えるくらいチャートと向き合ってみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧