FXとは

FXとはギャンブルなのか?FXの魅力とは

FXは小額から始めることができ、取引もスマートフォンがあれば手軽に始めることが出来る資産運用方法の1つです。

手軽に始めることが出来るゆえに「ギャンブル」と思われる方も多いと思います。しかし、それは考え方次第です。ギャンブル」として取り組むのか、「資産運用」として取り組むのかで変わってくるものだと私は考えます。

確かに、私も小額から大きい利益を狙いに行くことがあります。しかし、ただやみくもに取引しているのではなく、戦略を持って取引しています。この戦略を持って取引することで「ギャンブル」ではなく、「資産運用」になるのではないでしょうか。

「ギャンブル」として取引を続けていると、うまくいくこともありますが、いずれ大損や痛い目に合います。FXを「資産運用」として、分析し戦略を立てて利益を上げるということを徹底していくことで勝つことが出来る資産運用になります。

FXとは

FXとは

FXを日本語で訳すと「外国為替証拠金取引」です。外国為替取引と証拠金取引が合わさったものです。

外国為替取引とは

例えば、あなたは日本からアメリカに旅行に行くとします。アメリカに行ってお金を使用するためには「日本円」から「アメリカドル」に空港の為替両替所等で両替しますよね。これが「外国為替取引」です。

そして、アメリカ旅行の前に 1ドル=100円の時に100円を両替し1ドル保有、アメリカから帰国時に1ドル=110円の時に為替レートが変動し保有していた1ドルを両替すると110円となります。帰国時に100円が110円となりましたよね。これを利用して利益を上げていくことが出来ます。

レートが逆の場合には、10円の損失が発生します。

証拠金取引とは

例えば、あなたが1,000円保有していたとして、為替レートが1ドル=100円の時に両替すると10ドル得ることが出来ますよね。ここで、FX取引業者で1取引することでレバレッジを効かせることが出来ます。どういうことかというと、FX取引業者にて1,000円口座に預け、レバレッジが10倍で取引した場合、100ドルの取引が可能となるということです。

最初に預けた1,000円は証拠金といい、取引業者に担保しているようなものです。

FXの5つの魅力

FXの5つの魅力

  • 取引時間は平日24時間
  • 少ない資金で始めることが出来る
  • 全世界の人が取引している
  • 円高で買って円安で売るというようにわかりやすい
  • 他人任せではなく、自らが運用できる

取引時間は日本の祝日や休日に関係なく月~金の平日24時間取引が可能です。レバレッジを効かせることで少ない金額で始めることが出来ます。そして、取引者は全世界の方で、とてつもなく大きい市場規模です。日本の国家予算を1日でゆうに超える金額が取引されています。

FXの特徴として、「買い」と「売り」が行えます。つまり、為替レートが上がっても(円安)、下がっても(円高)利益を得ることが出来ます。しかし、為替レートの動きが予想に反した場合は、損失が発生します。

私が1番の魅力に感じていることが自ら運用できるということです。自分で戦略を立てて、ここで「買い」ここで「売り」だということができるのです。他人任せではなく、自分がここだというポイントでの取引なので利益を上げた場合嬉しいですし、損失が発生した場合も認めることが出来るのです。

FXを始めるのにいくらかかるのか

FXを始めるのにいくらかかるのか

必要最低証拠金
米ドル/円の価格が1ドル=100.00円で10,000通貨の取引の場合

本来であれば証拠金として
100.00×10,000通貨=1,000,000円 が必要となります。

FXではレバレッジを効かせることにより本来よりも少ない証拠金で取引が可能です。

レバレッジを100倍にした場合
1,000,000円÷100=10,000円 で取引が可能です。

レバレッジは「てこ」という意味です。レバレッジは効かせれば少ない証拠金での取引が可能となります。しかし、証拠金は少なくても、レバレッジを効かせた分それだけ大きな資金を運用しているということは忘れてはいけません。

まとめ

まとめ

FXは、少ない資金で大きな運用が出来ることが大きなメリットであると思います。大きな資金を用意して資産運用するのではなく、今ある資金の1部を資産運用に回すことが適切であり、大切なことです。銀行預金にただ眠らせておくということは資金の安全性は保たれますが、資金が大きく増えることは現状考えられません。

FXで1部の余剰資金を使用して1日100円でも1,000円でも利益を上げていくことであなたの資金は間違いなく増加していくでしょう。今FXを始めてしっかりと利益の出し方を理解してしまえば資産運用を知らない方と大きな差をつけることが出来るのでぜひ、FXを今始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧