フラッグ、三尊

2つのチャートパターン(フラッグ、三尊)のエントリーポイント公開

チャートパターンは多くのトレーダーが意識する形です。

そのため、多くのトレーダーと同じチャートパターンで見ているのであれば予測を立てた方向に素直に行くことが多いものです。多くのトレーダーが意識するチャートパターンを自身でも見つけることが出来るようになれば、勝てるトレーダーになれるでしょう。

しかし、チャートパターンは様々な形があり、数多くの種類があるのですべてを覚えることは難しいことだと思います。そこで今回は、よく出現する2つのチャートパターンについてお伝えさせていただきます。

チャートパターンとは

チャートパターンとは

既にご存じの方も多いとは思いますが、チャートパターンとは過去のチャートの形から未来の形も過去と似たような形を形成するのではないだろうかという心理を用いて分析する方法です。

また、チャートパターンは「トレンドの転換パターン」と「トレンドの継続パターン」の2つのパターンがあります。今回は転換パターンと継続パターンの2つの種類をそれぞれ1つずつ解説していきます。

2つのチャートパターン

2つのチャートパターン

数多くあるチャートパターンの中から、出現頻度も高く認知度の高いパターンである

  • フラッグ(トレンド継続)
  • 三尊(トレンド転換)

のトレンド継続・転換の2つのパターンについてお伝えさせていただきます。

フラッグ 

フラッグのパターンは、日本語訳で”旗”であり、トレンドが継続するパターンの1つです。

勢いのある上昇(もしくは下落)に対して修正波が入り、フラッグの形を形成してから勢いのある上昇(もしくは下落)が継続するパターン。

リアルチャート画像を見て頂くと勢いのある上昇波が形成した後、修正波(下降している波)がフラッグのパターンを形成し、トレンドライン抜けから再度勢いのある上昇波が来ていることがわかると思います。上記のようにフラッグのパターンが形成したことが確認できたのであれば積極的に狙っていきましょう。

(左)上昇パターン・(左)下降パターン

 

エントリーポイント トレンドライン抜けもしくは、高値(安値)抜けがエントリーポイント。
利確ポイント N計算値もしくはE計算値。N計算値、E計算値の詳細についてはこちら
損切りポイント トレンドラインや高値(安値)を抜けた(割った)時のネックライン。

下記画像は上昇フラッグのエントリーポイント、利確、損切りの参考ポイントです。


トレンドラインを引くことが出来れば、損小利大のエントリーポイントとなりより多くの利益を得ることが出来ます。また、勝率が悪くても利益を残せるようになりますのでトレンドラインを引けるようになりましょう。

トレンドラインについての詳しい解説はこちらの記事で解説しています。


上記画像は、フラッグのパターンから一度はトレンドラインを抜けたものの、一旦トレンドラインまで下落しN計算値まで伸びるパターンです。上記画像のように、トレンドライン抜けから再度トレンドラインに戻してくることを”リテスト”といいます。

リテストとは、トレンドラインが本当に機能しているかどうかをもう一度確かめに来ることを指します。トレンドラインを抜けリテスト後トレンドラインが下支え(下降の場合は上支え)となれば、フラッグパターンがより強固なものとなります。ですから、トレンドライン抜けを見逃したからと言って飛び乗りでポジションを保有せずに、慌てずリテストを待ってポジションを保有すればより損小利大のエントリーポイントとなります。また、トレンドライン抜けからポジションを保有した場合、リテストが入ったポイントは”ナンピン”ポジションと考えてよいでしょう。

ナンピンが出来ればより多くの利益を得ることが可能です。しかし、損切りは徹底しなければなりません。損切りが苦手な方はナンピントレードはやらない方がいいです。

フラッグのダマシ

フラッグのパターンと似たようなパターンで「ペナント」というパターンがあります。ペナントとは、二等辺三角形の形を形成し上昇または、下落するチャートパターンの一つです。

ペナントのチャートパターンもフラッグ同様にトレンド継続を示すパターンとなりますが、ペナントのパターンはしっかりと理解していないと、ダマシを食らってしまうことがありますので注意が必要です。また、ペナントのパターンだと思ったら、ダマシを食らいフラッグを形成して上昇(または下降)するということがあります。

上記図は、ペナントと勘違いしてエントリー後のフラッグパターン形成となった様子です。損切りした後、上昇のトレンドを形成するので上昇の流れに乗ることが出来ず悔しい結果になることがあります。しかし、損切りを徹底して行うことで、ペナントではなくフラッグだったと気持ちを切り替えトレードを行うことが出来ます。損切りをして平常心を失わずに次々と戦略を練り直すことが重要です。

三尊・逆三尊

三尊・逆三尊とは3つの山を形成するパターンになります。トレンドが転換するパターンです。

上記画像は、上昇トレンドから下降トレンドへとトレンド転換時に三尊が形成されている様子。3つの山を見つけ出すことが出来たのであれば積極的に狙ってみましょう。

(左)下降パターン・(右)上昇パターン
エントリーポイント 水平ラインもしくはトレンドラインのネックライン抜けから。水平ラインもしくはトレンドラインにリテストが入ったところがエントリーポイント。
利確ポイント 三尊の幅分もしくは、下記画像のようなN計算値が利確ポイント。
損切りポイント 最終押し目や戻し目が損切りポイント。

三尊・逆三尊のパターンは覚えると今後多く見るパターンの1つになると思います。エントリーのパターンは、ネックラインを抜けた瞬間にエントリーもしくは、ネックライン抜けを確認後、再度ネックラインに戻ってきた(リテスト)ポイントでエントリーの2つのパターンになります。

三尊・逆三尊のパターンはトレンド転換時に出現するパターンになるので、このパターンの出現時にはトレンドの転換かなと予測を立てるといいでしょう。
三尊や逆三尊は、トレンド転換の強力なシグナルとなりますのでぜひ勉強して、実際のチャートで見つけることが出来るようになりましょう。

三尊・逆三尊のダマシ

ダブルトップや、ダブルボトムと似ている形になっているので勘違いしないように注意しましょう。

ダブルトップや、ダブルボトムもトレンド転換のシグナルとなります。大きな違いは、山や谷の数が2つと3つで異なるということです。

ダブルトップやダブルボトムだと予測し、ネックライン抜けの瞬間からエントリーとなると、三尊や逆三尊を形成して損切り後下落(上昇)となることがありますので、こちらも損切りを徹底して損切りとなった場合は気持ちを切り替えて予測を練り直すといいでしょう。

まとめ

まとめ

チャートパターンは理解しておくことで、今後のトレードに活かせるものであることは間違いないでしょう。今回お伝えさせていただいたのは、フラッグ(トレンド継続)と三尊・逆三尊(トレンド転換)です。この2種類のチャートパターンを理解しておくだけでも間違いなく、チャートの見え方が変わってくると思います。

また、この2種類だけを極めトレードすることで利益を上げ続けることができるくらいチ今回解説したャートパターンは信頼度の高いものであります。バックテストや、デモトレードを活用して、繰り返し練習していくことであなたは勝てるトレーダーに近づくことでしょう。

これまで、トレードをして勝てない方や、マイルールの定まっていない方は今回お伝えさせていただいたチャートパターンを練習することをおすすめします。

関連記事一覧