N理論の活用方法

FXでの「N理論」のエントリーや利確及び損切りの活用方法とは

今回は、FXでのN理論を使用した際のエントリーポイントについて、また、エントリー後の利確及び損切りはどこに設定するのかについての疑問を解決していきたいと思います。

さらに、N理論で使用できるトレンドラインの引き方についてご説明させていただきます。

トレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方

N理論を使用した際のエントリーポイント解説の前に、まずはトレンドラインの基本的な引き方の確認です。実は、FX取引歴の長い方の中でも基本的な線の引き方を知らない方がたくさんいます。エントリーする際に使用するトレンドラインは、適当に引いたものは有効ではありません。

そこで、今回はN理論トレードでも使用する、トレンドラインの引き方についてお伝えさせていただきたいと思います。

基本的なトレンドラインの引き方は、任意の1つのトレンドに対して修正が入った後、現在価格が高値(もしくは安値)を更新した場合に限りトレンドラインを引けるようになることです。

上記の右側の図は、トレンドが継続したことを確認出来て初めてトレンドラインを引くことが出来ています。そして、高値(もしくは安値)が更新したことが確認できるということは長期トレンドの方向性を見極めることができ、今立てるべき戦略を考えることが出来るようになります。

N理論を使用した際のエントリーポイント

さて、トレンドラインの引き方について簡単にご説明させていただきましたが、トレンドラインの引き方について理解していただけだでしょうか。

次はいよいよN理論を使用した際のエントリーポイント及び利確、損切りのポイントをお伝えしていきたいと思います。上記にて説明したトレンドラインを引いてエントリーするパターンがありますので、身につけましょう。

エントリーポイントについて、N理論を用いる際は、高値B(安値)抜けを確認してエントリーまたは、トレンドラインの引ける方であれば(下図右図参照)トレンドライン抜けよりエントリー。私は、お伝えしたどちらのエントリーポイントであっても抜けた瞬間にエントリーをしています。

私がN理論を用いてエントリーする際のポイントはこの2点となります。この2点は使い分けすることでより優位的にトレードをすることが出来ます。

N理論を使用した際の利確ポイント

利確ポイント

次に利確のポイントについて、N理論を用いているのでN計算値(下記図D点)にて利確のポイントを設定します。N計算値の算出方法については 、下記の記事で説明しています。

 

N理論を使用した際の損切りポイント

損切りポイント

最後に、損切りポイントは、N理論の起点となったC点(下図参照)または、A点とします。

理由については、Nの形を形成して価格変動していくのであればC点を下回らず(上回らず)にD点まで形成するためです。また、私がA点に損切りを設定する場合は、長い時間足でトレードする際にC点を形成しているかどうかはっきりしていない場合についてのみA点に損切りを設定しています。

まとめ

まとめ

さて、ここまでN理論を使用したエントリーポイント、利確及び損切りのポイントについてお話させていただきました。

N理論を使用してトレードされている方は多くいらっしゃいますが、皆さんのエントリーポイントは人それぞれ違うポイントであり、正解、不正解はありません。しかし、今回お伝えしたポイントを押さえておくことで、異なるポイントでのエントリー(応用)もできると思います。
 
また、上記図を見て頂くとわかるように、トレンドラインを引いてライン抜けからエントリーした方がより優位的なエントリーポイント(損切が小さく、利確が大きい損小利大なため)となることはご理解いただけたと思います。

しかし、誰もが簡単にN理論を利用して勝てるわけではありません。しっかりと勉強し、繰り返しの練習または、同じ取引手法を使用したトレードが大切となってきます。そうすることで皆さんの取引が勝てるようになると思います。

関連記事一覧