海外FXと国内FXの比較と、稼ぎやすい口座

今回は「MoneyHunt」の管理人である私が使用している、海外FX口座「GemForex」、「XMTrading」という会社のFX口座の紹介をします。

画像:GemForex
画像:XMtrading

 

実際に毎月利益を上げ続けている現役トレーダーの私も使用している口座になります。
なぜ、海外のFX会社である「GemForex」と「XMTrading」を使用しているかを、国内のFX業者と比較しながらお話していきます。

国内と海外のFX業者メリット比較

国内と海外のFX業者メリット比較

国内FXのメリット

1:かかる税金が一律で低い

国内のFX会社を利用し、利益が出た場合、「分離課税」という扱いになり、その利益分にかかる税率は、どれだけ稼いでも一律(約20%)となっています。
また、年間損益が損失の場合、確定申告をすることにより、3年間は「繰越控除」となり、翌年以降の利益は損失分と相殺可能となっています。

2:スプレッドが狭い

国内のFX会社は、スプレッド(通貨を売る時の値段と通貨を買う時の値段の差)が狭くなっています。
手数料のようなものなので、この差が小さければ小さいほど、利益を出しやすくなるといえます。

3:日本での対応なので安心

日本語対応はもちろんですが、出金や信託保全(FX会社が破たんしても資産の返還を受けられる)などの仕組みがしっかりとしています。
24時間対応の会社も多く、対応が早いのは安心できます。

海外FXのメリット

1:レバレッジが高く、低資金で始められる

海外のFX会社では、200~1000倍程度、またはそれ以上のレバレッジをかけることができます。
高いレバレッジをかけられることで、少額の資金からでも始められますので、初心者の方に向いています。

2:追証がない

追証とは、投資金以上のマイナス分の金額をFX会社から請求されることで、海外のFX会社は、この追証を求めないゼロカットシステムを導入しています。
そのため、もし損失が出て口座がマイナスになったとしても、自分の投資金以上のお金がなくなることはありません。

3:NDD方式である

海外のFX会社は、基本的にNDD方式と呼ばれる取引システムを採用しています。
FX会社のディーラーが間に入ることなく、自分が注文したものが、そのまま自動的にインターバンク(銀行)に流れますので、透明度の高い取引が可能となっています。

4:ボーナスなどのサービス

新規口座の無料登録で、1~2万円のキャッシュバック(資産としてトレードに使用できる、利益分のみ出金可)や、入金額の100%ボーナスなどのサービスが豊富です。
キャッシュバックだと、未入金の0円から、実際に利益を出すことができますので、今からお試しでFXを始めたい方にピッタリです。
私の使用しているGEMFOREXでも、2万円のキャッシュバックをしていますので、0円で実際にFXを始めることができます。

5:MT4とMT5を使用できる

MT4(MetaTrader4)、MT5(MetaTrader5)という、世界で一番使われているトレードシステムを利用することができます。
非常に人気も高く、とても高性能のチャートツールといえます。FXはパソコンで運用するのが基本ですが、MT4とMT5はスマホにも対応してるため、副業でFXを始める方は片手間でトレードが可能になりますので、スマホ対応はすごく便利です。

国内と海外のFX業者デメリット比較

国内と海外のFX業者デメリット比較

国内FXのデメリット

1:追証がある

多くの方がFXを始めるのを躊躇してしまう理由に、「お金がなくなったり、借金を負うリスクがあるから」というものがあると思います。
国内のFX会社は、日本の法律により、ゼロカットシステムを導入できません。なので、もし損益がマイナスになってしまえば、その分を補完しなければいけないので、借金を背負うことになります。これは初心者には大きなデメリットといえます。

2:多くの投資金が必要となる

国内でのレバレッジは最高25倍と決められています。これにより、利益を上げるためには、多くの投資金が必要となってしまいます。
ある程度資金に余裕がある方にとってはデメリットにはなりませんが、初心者には大きなデメリットといえます。

3:DD方式である

国内のFX会社は、DD方式といい、一度注文をFX会社で止めてインターバンクに通さない方式のことです。このDD方式では、トレーダーが負ければ負けるほど利益が出る仕組みになっており、不利なレートで約定されたり、わざと負けさせるような不透明な取引が見られることがあります。また、スリッページ(価格の変動のずれ)なども多くなるので注意が必要です。

海外FXのデメリット

1:税金が変動する

海外FX会社で得た利益については、「雑所得」という扱いになり、国内FXと同様に税金を支払わないといけません。
「雑所得」では、利益が多いほど税率が高くなる仕組みになっており、「最大55%」の税金がかかることになります。

2:スプレッドが広い

海外のFX会社はNDD方式を採用しているため、国内のFX会社と比較すると、スプレッドが広めに設定されています。
トレーダーが、たくさんトレードして利益を出すことで、FX会社にも利益が出るという仕組みです。

3:海外の対応になる

あくまで海外の会社になるので、日本語サポートが薄い会社も存在します。口座に振り込みができなかった時や、重大な問題が起きた際に日本語サポートがないと困る場合がある可能性もあります。
また海外からの送金になるので、出金手続き完了から着金まで2~5営業日、出金手数料として2500円~4000円がかかります。

【GemForex】

ここまで国内と海外の口座を比較してみて、少額から始められることや、追証がないことがFXを始めるにあたっては一番のメリットで、初心者には海外のFX会社が適しているといえます。
その中で私が使用している口座が「GemForex」です。

この口座は、「新規口座を開設すると20000円のボーナス」などのキャンペーンを随時行っています。
ボーナスはそのままトレードに使用でき(出金は利益分のみ)、追証もないので、入金0円でのノーリスクでFXを始めることができます。このボーナスで利益を上げ、そのままそれを投資金に回すことで、入金0で利益を上げ続ける、なんてことも可能です。

GEMFOREXで口座開設はこちらから

【XM】

もう一つ、使用している口座が「XMTrading」です。

この口座は、海外FX業者最大手で、日本人トレーダー口座開設数はナンバー1。

こちらも、入金なしで3千円分のリアルマネー取引ができます。
そして、100%入金ボーナスの特典があり、最大$500(約5万円)まで100%、最大総計額$5,000(約50万円)または相当額まで20%の2段階式ボーナスです。

XMで口座開設はこちらから

また、XMでは、利益を出しやすいアフィリエイトにも誰でも参加することができます。投資はリスクがあって気が引けるけど、副業としてなら…と思う方は、アフィリエイトに参加するのも良いかもしれません。

まとめ

まとめ

まだFXを体験したことのない初心者の方にとって、どうしても気になってしまうのが初期投資。今回紹介した、私の使用しているFX海外口座では、入金0、リスク0でFXをしっかりと始めることができます。

まずは、リスクを少なく少額でトレードをしてみましょう!

関連記事一覧