FXの通貨ペアの選び方や特徴

FXを始める時に知っておきたい、通貨ペアの選び方とは

FXの取引は、まず通貨ペア選びから始まります。

そこで大切になってくるのが、各通貨の特徴を知っておくことです。それぞれの通貨や通貨ペアには特徴があるので、それを知ったうえで取引を行いましょう。

通貨ペアとは

通貨ペアとは

FXとは、2つの通貨の交換レートの値動きに対して投資できるという金融商品です。しかも、証拠金で入れたであろう「円」を担保に取引するため、「円」を介さない通貨ペアのトレードも可能です。

日本のトレーダーは、「円」を売って外貨を買うことしかできない人が多いといいます。しかし、為替相場は米国が中心であったり、主要なプレーヤーたちも世界中にいます。対円のみで考えずに、グローバルな視点を持ち、相場を見ることが必要です。

初心者向けの通貨ペア

初心者向けの通貨ペア

実際に取引する際は、アメリカ、イギリス、豪ドル、NZドル、スイス、カナダ、日本、金などのメジャーな通貨で十分です。

主要通貨一覧

他にもたくさんの通貨ペアを取り扱っている取引会社はたくさんありますが、マイナーな通貨になればなるほど情報も少なく、変動幅も大きくなりやすいため、取引をする際には気を付けなければなりません。今からFXを始める方なら、最初はメジャー通貨の組み合わせから入りましょう。

特に、「ドル」、「円」、「ユーロ」、「ポンド」の組み合わせは、情報量も多い上に取引コストとなるスプレッドも狭く、有利に設定されています。

主な通貨の特徴

主な通貨の特徴

USD(米ドル)

アメリカが発行している、世界の基軸通貨です。国際的な貿易や資本取引の多くが、米ドルを用いて行われています。世界の為替市場においても、取引量もトップとなっています。
 
米ドルの相場は、政治的要因(大統領発言や外交政策)や経済的要因(経済指標や金融政策)も比較的反応しやすいといわれています。

EUR(ユーロ)

欧州単一通貨であるユーロは、第二の基軸通貨とも言われています。特にユーロドル(EUR/USD)は、世界で最も取引されている通貨ペアとなっており、値動きも激しくなっています。
 
ユーロを使っているEUは、国によって経済格差がありますが、どこか1つの国での経済的リスクが高まると欧州全体の危機ととらえられ、ユーロ関連の通貨ペアの動きが激しくなります。

JPY(円)

円は、リスク回避の通貨として知られています。日本の経済にはあまり反応しませんが、世界金融危機やアメリカの経済リスクが高まった時などに取引量が増えるといわれています。
 
ドル円(USD/JPY)の通貨は、世界三大通貨ペアの1つで、取引量も多くなっています。

GBP(ポンド)

ポンドは、金融大国とよばれるイギリスで使われている通貨で、価格変動が非常に大きく、注意が必要な通貨といわれています。

1日で数百pipsと大きく変動することもあり、ロンドン市場の開場する時間(日本時間で16時頃から)の取引が活発になりますので、初心者トレーダーは気を付けて取引をする必要があります。

AUD(豪ドル)

豪ドルは、オーストラリアで使われている通貨で、資源通貨とも呼ばれています。そして高金利通貨の代表であり、スワップポイントを受け取れることで知られています。
 
原油価格や金価格に左右される特徴があります。特に中国とは輸出の関係などで密接に関わっており、中国の経済に影響を受けやすいといわれています。

主な通貨ペアの特徴

主な通貨ペアの特徴

EUR/USD(ユーロ/ドル)

世界的に最も取引量が多いといわれているのが、このEUR/USDの通貨ペアになります。

取引量が多いため、比較的動きも多く安定性も高い通貨ペアといえます。ロンドン市場やニューヨーク市場が開かれる、日本時間の夕方から深夜にかけて、動きが活発になります。

USD/JPY(米ドル/円)

EUR/USDの次に取引量が多いのが、USD/JPYの通貨ペアになります。国内ではこの通貨ペアが一番多く取引されています。

動きが比較的穏やかでボラティリティも小さいので、初心者でも扱いやすい通貨ペアになります。また、取引量が多いということは、方向性が決まった場合に流れに乗って長く伸びていく可能性が高いといえるため、流れに乗ったトレードが得意な方に向いているといわれています。

GBP/USD(ポンド/米ドル)

GBP/USDは、大口の投資家が相場を動かしているといわれており、流動性が低いのに値動きが激しく、動き出すと大きく値幅が上下する特徴があります。
 
ドルストレートの中でも1通貨辺りの価格が大きく、ハイリスクハイリターンの通貨となります。比較的スプレッドも広いため、損切りにもかかりやすく、スキャルピングトレードなどには不向きといえます。

通貨ペア決めのポイント

通貨ペア決めのポイント

取引高に注目する

取引高とは、その通貨ペアがどのくらい取引されているのかを示す数値であり、取引高が多いほど、「スプレッドが小さくなりやすい」「安定性がある」といわれています。

トップ3は、先ほど紹介した

  1. EUR/USD(ユーロ/米ドル)約23~24%
  2. USD/JPY(米ドル/円)約17~18%
  3. GBP/USD(ポンド/米ドル)約8~9%

となっています。

また、取引高が少ないと荒れた動きになりやすく、経済の影響などを受けてしまうと一気に動いてしまう可能性も高いといえます。

ボラティリティに注目する

ボラティリティとは、値動きの幅のことで、大きければ大きいほどよく動く通貨ペア、小さければ小さいほどあまり動かない通貨といえます。

ボラティリティが大きい=1日に動くpipsが大きいためハイリスクハイリターンの通貨、ボラティリティが小さい=1日に動くpipsが小さいためローリスクローリターンとなります。

スプレッドに注目する

スプレッドは、実質手数料のようなもので、取引の際のコストにも関わってくるものなので、注目しておきましょう。

特に、スキャルピングトレードをする方だと、取引の回数は多くなるため、比例してスプレッドによるコストも大きくなっていきます。

トレードスタイルに注目する

  • スキャルピングトレード
    スキャルピングトレードを中心にされる方は、出来る限りスプレッドの小さい通貨ペアを選ぶと、コストを小さく取引を行うことができます。スプレッドの小さい通貨ペアとしては、取引量の多い「ユーロ/米ドル」「米ドル/円」などが挙げられます。
  • デイトレード
    デイトレードを中心にされる方は、スプレッドの小ささに加えて、少し値動きが大きい通貨ペアを選ぶのが良いといわれています。スプレッドが小さく、値動きが大きい通貨としては、「ユーロ/円」「米ドル/円」などが挙げられます。
  • スイングトレード
    スイングトレードは、数日間ポジションをずっと持ち続けるトレードスタイルになるので、比較的動きが大きく、スワップポイントがつく通貨を選ぶのが良いといわれています。「米ドル/円」「ユーロ/米ドル」などが適しているといえます。
    また、高金利通貨で知られている「トルコリラ」や「南アフリカランド」の通貨は高水準のスワップが期待できますが、これらの通貨は取引量が少ないため、価格変動しやすく大きな損失を出してしまう可能性もありますので、初心者の方は注意が必要となります。
  • テクニカル分析
    テクニカル分析は、どの通貨ペアにも当てはまると言われているため、得意な通貨ペアから選んでもらえます。
  • ファンダメンタルズ分析
    ファンダメンタルズ分析は、「情報」がとても重要になります。日本にいれば日本の情報はたくさん入ってきますので、「JPY」がらみの通貨を選ぶことが良いといえます。

まとめ

まとめ

様々な通貨の特徴を紹介しましたが、初心者が扱いやすいのは、情報も得やすくてなじみのある「円」の通貨と言えます。

ただ、単にスプレッドが小さいから、などの理由だけで選ばずに、バックテストなどを利用して自分のトレードスタイルにあった通貨ペアを選ぶようにすると、勝率も上がってくるかもしれません。

関連記事一覧