スキャルピングトレードのポイント

初心者にオススメのスキャルピングトレードとは?分析方法とポイント

スキャルピングトレードとは、短時間で取引をするFXのトレード手法のことです。基本的に数分以内にエントリーから決済まで行います。

スピード感が大事になってきますので、ある程度のトレード技術は必要になってきますが、すぐに結果が出るので、初心者にも挑戦しやすいトレード手法になります。

この記事では、スキャルピングトレードで取引する際のポイントをお伝えしていきます。

FXスキャルピングトレードとは

FXスキャルピングトレードとは

まず、スキャルピングトレードについて解説していきます。FXのトレードスタイルには、いくつか種類があり、

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード

主にこの3つのトレードスタイルに分けることができます。

その中でもスキャルピングトレードは、売買から決済の時間が数十秒~数分間の超短期トレードになります。

特徴として、数分で利確と損切りを繰り返していくので、5分足などの分足で見ていくことが多いと言えます。また、1日に数十回から数百回取引をして、回数を重ねることで利益を積み上げていくトレードスタイルになっています。

スキャルピングトレードのメリット

日中に仕事をしているサラリーマンの方でも、起床時や通勤時間、昼休み、就寝前などの自分の都合のつく空き時間で、サッと取引を完了して利益を出すことができます。

また、数十秒から数分間の取引なので、きちんと損切りを設定しておけば、大きく損を出すことは

スキャルピングトレードのデメリット

数十秒~数分間の取引になるので、ずっとチャートを見ている必要があります。長い間チャートを見続けていると、目や精神的にも疲れが溜まってしまいますので、注意が必要です。

また、トレードごとにスプレッドがかかってきていますので、トレードの回数が増えるにつれスプレッドのコストも大きくなってきてしまいます。それ以上の利益を出すことができれば、問題ありません。

他のトレードスタイルに関しても、下記の記事で紹介していますので、自分のライフスタイルに合うトレードスタイルを見つけてみましょう。

 

FXスキャルピングトレードのポイント

FXスキャルピングトレードのポイント

スピード感に慣れる

短時間で見るため、「1分足」「5分足」の時間足で、チャートの分析を行います。普段デイトレードやスイングトレードをする方にとっては、取引のスピード感が大きく変わってきますので、まずは慣れることが大切になってきます。

スキャルピングトレードでは、すぐに結果が出ますので、チャート画面に張り付いていないといけない反面、家事や仕事中にチャートを気にしなくても良くなりますので、ポジションを持っていると気になってしまう主婦やサラリーマンにも向いています。

また、ほぼ毎日取引の機会があると言えますので、きちんと根拠に基づいた取引をすることで、自分の取引技術の向上も見込めます。
時間帯としては、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる21時頃が取引が活発になりますので、ボラティリティも高くなりスキャルピングに最適な時間帯といえます。

重要な経済指標をチェックしておく

スキャルピングトレードでは、相場のほんの一部の上がり下がりを見てトレードするスタイルになるため、チャートパターンやトレンドを見て取引を行います。
そのため、ファンダメンタルズ分析は必要なくなるのですが、重要な経済指標時には、瞬間的に大きく相場が動く可能性が大きくなります。

最近はSNS等での要人発言も多いため、事前に分からない場合もありますが、ほとんどの経済指標や要人発言は予定されているので、取引前に必ず確認しておくようにしましょう。

Yahoo!ファイナンスでの経済指標などは直近の経済指標などがピックアップされていて見やすいので、毎日見る癖をつけると良いかもしれません。

取引量を固定する

初心者の方は、まずは少ない取引数量(ロット)で固定して取引するようにしましょう。
もちろんその分利益も小さくはなりますが、失敗した分の損失も小さくなりますので、安心な範囲内で、より多くの取引を経験することができます。

慣れてきて、自分の取引の分析や戦略に自信が持てるようになってきたら、徐々に取引数量を増やしてみても良いかもしれません。

チャートパターンを見つける

スキャルピングトレードでは、「損切り」が非常に大切になってきます。「損切り」をきちんと行えないと、大きな損失を出し、次のチャンスがきても資金量が足りず取引ができない、というようになってしまう可能性もあります。

それを防ぐためにも、適当に予想して取引するのではなく、きちんと「チャートパターン」を見つけ、損切りと利確を事前に決めてから取引するようにしましょう。
これはスキャルピングトレードに限らず、デイトレードやスイングトレードでも同じことが言えます。

スキャルピングトレードにおすすめのチャートパターンとしては、ハーモニックパターンなどがあります。下記の記事で紹介していますので、興味のある方は勉強してみてください。

 

ポジポジ病に気を付ける

これは初心者の方に多いのですが、スキャルピングトレードは、決済のタイミングが難しいため、決済前に他のチャートが気になってポジションを持ってしまい、ポジションを買ってばかりになりがちです。
この状態を、FX界では「ポジポジ病」と呼びます。

根拠のある取引をしていても、『もう少し待てば利益が増えそう』などという感情が出てしまうと、「ポジポジ病」になりがちです。自分の決めたルールを守り、冷静なトレードを心掛けるようにしましょう。

FXスキャルピングトレードの注意点

FXスキャルピングトレードの注意点

時間の確保

スキャルピングトレードで結果を出すには、まず毎日しっかりとトレードの時間を取れることが必須になってきます。

なぜなら、スキャルピングトレードは数十秒~数分間の取引になるので、決済のタイミングを見計らう必要があるのと、しっかりとコツを掴んだりルールを作るためには時間が必要になってくるためです。

特に、日本時間の21時~深夜1時頃までは、市場規模が大きいロンドン市場とニューヨーク市場が続けて開くので、値動きが比較的大きくなり、スキャルピングに適していると言えます。夜の就寝前にトレードの時間をしっかり取ることで、スキャルピングトレードがしやすい環境を作ることができます。

しかし、この値動きが大きくなる時間帯というのは、相場の急変動も起こりやすい時間帯と言えるので、損切りの設定などを忘れないように注意してトレードを行いましょう。

通貨ペア

スキャルピングには、適した通貨ペアがあります。条件としては、

1.スプレッドが狭い
2.ボラティリティが大きい
3.取引量が多い

上記の条件に合う通貨ペアは、EUR/USD(ユーロドル)やUSD/JPY(ドル円)、GBP/USD(ポンドドル)などが挙げられます。これらは取引量も多くメジャーな通貨であるため、初心者の方にもおすすめの通貨となっています。

通貨ペアに関しては、以下の記事で詳しく解説しておりますので、興味のある方はご覧ください。

 

反対に、マイナーな通貨ペアであるトルコリラや南アフリカランドなどの通貨ペアは、取引量が少なくスキャルピングには向いていませんので注意が必要です。

FX口座

スキャルピングトレードを目的にFX会社を選ぶなら、

1.約定力が高いFX会社(NDD方式が望ましい)
2.スプレッドが狭いFX会社
3.レバレッジの高いFX会社
4.追証のないFX会社

などの条件を満たしているFX会社を選ぶようにするのが良いと思います。管理人がスキャルピングトレードで使用している口座は、「GemForex」というFX会社になります。

GemForex

「GemForex」には、「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」の2種類の口座があります。2つの口座の特徴としては、

 
比較項目 オールインワン口座 ノースプレッド口座
スプレッド 1.2pip~ 0.0pip~
追証 なし なし
レバレッジ 最大1000倍 最大1000倍
口座開設ボーナス 証拠金1~2万円
(キャンペーン期間で異なる)
なし
初回入金額 なしでもボーナスで取引可能 30万円~
無料EAやミラートレード 使用可能 裁量トレード限定

比較してみると、スプレッドと口座開設ボーナス、初回入金額などに大きな違いが出ることが分かります。

  • FXを少額から始めたい方
  • 口座開設ボーナスが欲しい方
  • 1日に何十回も取引しない方

これらに当てはまる方は、「オールインワン口座」の方がメリットが多いかもしれません。まずは少額から始めて、しっかりと自分の手法や資金管理を身につけてから、「ノースプレッド口座」に移行するのが良いかと思います。

GEMFOREXで口座開設

まとめ

まとめ

ここまで、スキャルピングトレードについて解説してきました。

慣れるまでは、スキャルピングトレードは難しく感じるかもしれませんが、一度コツを掴んで注意するべき点を気を付けていれば、初心者でもスキャルピングトレードができるようになってきます。

また、人それぞれ性格やライフスタイルが異なるので、自分に合ったトレード方法というのも人それぞれ異なってきます。一度スキャルピングトレードを体験してみて、自分に合っていないと感じたら他のトレード方法を試すなど、柔軟に対応していけるのが良いかと思います。

どのトレードスタイルだとしても、きちんと自分の戦略を持ったり、資金管理などは重要になってきます。スキャルピングトレードで経験を積んで、勝てるトレーダーを目指していきましょう。

関連記事一覧